ここから本文です

序盤戦を戦うセリエA、最初の一歩を間違った足で踏み出してしまったのは…

9/17(月) 15:24配信 有料

SOCCER DIGEST Web

スクデット争う上位陣に見えた良い兆候と悪い兆候
序盤戦を戦うセリエA、最初の一歩を間違った足で踏み出してしまったのは…

インテルは与しやすい相手だった開幕2試合で勝点1しか稼げず。伝統や期待、そして今夏も増強した戦力とは裏腹に、出足で躓いた。(C)Getty Images

 良い兆候と悪い兆候がすでに明らかだ。開幕から2節までの試合を判断材料としながら、セリエAの優勝争いを左右しそうな注目点を浮かび上がらせる。ユベントスに死角はあるか。その絶対王者を脅かしそうなのは――。(文:マウリツィオ・クロゼッティ/訳:片野道郎 2018年9月6日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イタリア』を転載)

―――◆―――◆―――

 例年よりも1週早く、8月18日に開幕したセリエA。本稿執筆時点で2節を終えただけだが、すでにシーズンの行方を示唆する最初の兆候が見えてきた。イタリアではよく「良き1日は朝を見れば分かる」と言われる。物事がうまくいく時は最初からうまくいくものだ、という意味だ。これは真実の一面であり、逆もまた真という裏側を持っている。つまり「悪しき1日」の兆候もまた朝から現われる。

 良い兆候と悪い兆候――。まずはシーズン 本文:4,557文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:9/17(月) 15:35
SOCCER DIGEST Web