ここから本文です

イッテQ、24時間TVでも高評価の「木村佳乃」、NHK紅白司会の“有力候補”に浮上

9/17(月) 7:00配信

デイリー新潮

「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)では、あのイモトアヤコ(32)をも凌ぐ活躍(? )を見せつけ、今年(2018年)の「24時間テレビ」(同前)ではチャリティーパーソナリティーを務めつつ、女芸人に混ざってヲタ芸を披露。さらに10月からは「あなたには渡さない」(テレビ朝日系)で6年ぶりとなる連ドラ主演も決まっている。ノリにノっている木村佳乃(42)に、さらなる大舞台・紅白司会、との声まで上がり始めた――。

 ***

 その根拠とは、“夏の紅白”とも喩えられる「第50回 思い出のメロディ」(NHK・8月18日放送)の司会に、木村が抜擢されたことだ。実際、収録後の会見では、紅白の司会についても質問されているのだが、それに対する木村の答えがこれ。

「前奏の時の曲紹介はすごく緊張したけど、また、ぜひやりたい。紅白ですか? はい、もちろん!」

 相変わらず、屈託のない受け答えだ。

 だがこれをもって、紅白は決まり! とするのも時期尚早のようだ。業界関係者が言う。

「同じくメイン司会の氷川きよし(41)を完全に喰ってしまった活躍には、目を見張りました。しかし、『思い出のメロディ』で上手くいったからといって、今年の紅白の司会かというと、疑問です。たしかに“夏の紅白”ともいわれますし、NHKの大型番組であることは間違いありません。それゆえ『思い出~』の司会をすると、その年の紅白の司会候補ともいわれるわけですが、過去にこの番組の司会をした年に紅白の司会になったのは、1974年の佐良直美(73)、78年の森光子(1920~2012)、そして2010年の松下奈緒(33)だけなんです。仲間由紀恵(38)も両方で司会を務めましたが、紅白(05年)をやったのは『思い出~』(03年)の2年後のこと。松下が『思い出~』の司会をしたのは朝ドラ『ゲゲゲの女房』のヒロインとして出演中で、音大卒という経歴があったから。紅白の司会に選ばれたのは、『ゲゲゲ~』の評判がよかったためと、NHKへの貢献度も高いと評価されたのでしょう」

1/2ページ

最終更新:10/18(木) 17:24
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。