ここから本文です

CS争いの輪の中に加われない吉川尚輝。負傷離脱したプレーを今後の教訓にしてもらいたい【堀内恒夫の多事正論】

9/18(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

CS争いの輪の中に加われない吉川尚輝。負傷離脱したプレーを今後の教訓にしてもらいたい【堀内恒夫の多事正論】

8月1日のDeNA戦[横浜]の6回、ヘッドスライディングで負傷した吉川尚。だが、そのプレーを責めることはできない/写真=井田新輔

 9月中旬、ペナントレース。セ・リーグでは広島のV3へのカウントダウンが始まっている。一方で、優勝争いから脱落したチームにとっては秋風が吹く時期だ。しかし、われわれの現役時代とは違い、今はクライマックスシリーズ(CS)での日本シリーズ進出に望みを託せる時代だ。下克上での日本一という可能性だってあるのだ。

 セ・リーグは広島以外の5球団が最後までCS進出のAクラス入りを目指して熱い戦いを繰り広げている。だが、その熱い戦いの輪の中に加われない選手がいる。本来ならそこにいなければいけないのに、不振やケガで一軍登録を外されている選手たちだ。

 巨人・吉川尚輝もジャイアンツ球場で歯ぎしりをする・・・ 本文:1,309文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

Yahoo!ニュースからのお知らせ