ここから本文です

ヤマハNIKEN=ナイケンLMWの7つのメリットとは?

9/19(水) 16:13配信

WEBヤングマシン

9月13日に製品説明会が開催

NIKENナイケンの2軸ステアリング機構作動動画

2018年9月13日、ヤマハが都内でNIKEN(ナイケン)の製品説明会を実施した。その際に説明された内容や同時に発表されたヤマハの解説をもとに、ナイケンのフロント2輪LMWがもたらす7つのメリットについて説明しよう。

──────────

走る、曲がる、止まるの全てにメリットが

遡ること1976年、スクーター「パッソル」をベースとしたコンセプトモデルに端を発したLMW(リーニング・マルチ・ホイール)は、2008年の経済危機から数年の時を経て第3のモビリティ作りを目指すプロジェクトとして本格的に着手された。そして2014年、LMWプロジェクト第1弾となる125ccエンジン搭載の「トリシティ」が発売。その後も開発は続き、パッソルから40年以上の時を経て「ナイケン」が新登場し、LMWの製品展開は新たな一歩を踏み出すことになった。それに伴いヤマハは改めてLMWのメリットを明らかにした。

1「前輪スリップによる転倒リスクの低減」
滑りやすい路面状況でも前輪のどちらか片方が路面をグリップしていれば、前輪のスリップによる転倒のリスクが低減される。

2「強い横風を受けても安定感がある」
トンネルの出口や橋の上で強い横風を受けて緊張する場面は少なからずあるもの。LMWは横風の影響による車体のふらつきが少なく安定感がある。

3「強いブレーキ操作でも車両が安心して止まれる」
直進時に強いブレーキ操作を行った場合でも車体が安定して止まることができる。

4「段差乗り越え時にふらつきにくい」
段差による衝撃の吸収性も高いため乗り越えた際に車体がふらつきにくい。

5「安定したコーナリング」
前2輪による高いグリップと、独自のLMWアッカーマン・ジオメトリにより自然な旋回性を実現。

6「旋回進入時にも車両がふらつきにくい」
旋回進入時は切り返し時は荷重バランスが不安定になりやすくライダーの技量の差が現れやすいシーンとなる。ヤマハはテストを重ね、LMWは旋回進入時や切り返し切り返し時の姿勢が安定していることをデータで検証。コーナー進入時などの不安定な状態でもタイヤ性能を効率よく引き出しふらつきが小さくなることで狙ったラインを走行しやすくなるという。

7「旋回中の前輪ブレーキ操作時も車両の挙動が穏やか」
旋回中のやむを得ない事態での前輪ブレーキ操作時も車両の起き上がる挙動が穏やかになる。コーナリング中に障害物などでブレーキをかけなければならない状況は、ライダーにとって難しい場面と言えるだろう。LMWでは前輪慣性モーメントが大きく、旋回中にやむを得ず前輪のブレーキをかけた時でも車両の起き上がる挙動が穏やかになり、車体コントロール性が高いことが検証された。

1/2ページ

最終更新:9/19(水) 16:13
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年01月号
11月24日発売

定価880円(税込)

EICMAミラノショー総力特集
スーパースポーツ&ブラックカタナ
神名車カワサキZ650
特別付録2019新車図鑑

あなたにおすすめの記事