ここから本文です

中古価格100万円未満! コスパに優れた超お買い得な隠れた名車3選

9/19(水) 11:40配信

WEB CARTOP

未だに色褪せない3台

 中古車というものは年式が古くなったり、人気があまりなかったりする車種が安くなる傾向がある。もちろん、極端に過走行の車両や修復歴のある個体も安くなるが、それはイレギュラーなもの。しかし、そんな手ごろな価格の車両でも魅力的な車種は当然存在する。そこで今回は、車両価格100万円以下がボリュームゾーンにも関わらず、未だに色褪せない魅力を放つクルマを紹介したい。

【写真】いま100万円で狙える! デートで女子ウケ抜群クルマ

1)日産エクストレイル20GT(2代目)

 初代から現行型の3代目まで、一貫してアウトドアレジャーなどにガンガン使えるタフギアとして人気を集めている日産・エクストレイル。その中でも2世代目に用意された20GTはやや特殊なモデルと言えるだろう。それは世界で初めてポスト新長期規制に適合したクリーンディーゼルエンジンを搭載しているからだ。

 ルノーと共同開発したこのエンジンは、2000ccながら173馬力/36.7kgf・mという高出力、大トルクを達成しながらもJC08モード燃費で14.2km/Lという低燃費も実現しており、燃料が軽油であることも相まって燃料代が抑えられるという点も魅力。そして、なにより6速MTが選べる(というか当初はMTのみだった)というのもマニア心をくすぐるポイントだ。

2)フォルクスワーゲン・ゴルフ(7代目)

 今も昔も世界中のハッチバック車がベンチマークとしているのが、フォルクスワーゲン・ゴルフだろう。7世代モデルとなる現行モデルは2012年にデビューし(日本では2013年)、車体骨格にモジュールプラットフォームアーキテクチャ「MQB」を新採用したことで大幅に走りの性能がアップしただけでなく、生産効率やコスト面までも大きく向上したモデルだ。

 さすがに2017年に大幅改良がなされた通称ゴルフ7.5は100万円以内とはいかないが、それ以前のものであれば上級グレードのハイラインで5万キロ台のものでも車両価格100万円で狙うことができる。日本カー・オブ・ザ・イヤーを輸入車として初めて受賞した名車がこの価格で狙えるのは魅力的だろう。

1/2ページ

最終更新:9/19(水) 11:40
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

あなたにおすすめの記事