ここから本文です

大坂なおみ、まさかの珍告白「フェデラーをKOしそうになった」 その理由とは?

9/19(水) 9:22配信

THE ANSWER

WTA公式Youtubeの特集動画でナオミ節炸裂「フェデラーとは昨日、2回会った」

 テニスの4大大会、全米オープンを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。男子顔負けのパワフルなプレースタイルと天真爛漫なキャラクターで世界的な人気を高めているが、WTAは公式Youtubeでニューヒロインを改めて紹介。「フェデラーをノックアウトしそうになったの」という珍エピソードとともに、ナオミ節を炸裂させている。

【画像】ちょっと緊張気味? 海外ファンも「彼はあなたより大きい」と6万超反響…大坂が公開した白鵬との“豪華すぎる1枚”の実際の写真

「私はフェデラーをノックアウトしそうになった ナオミ・オオサカを知る」というタイトルでWTAは特集動画を公開している。

 3歳で姉まりに憧れ、テニスを始めた経緯などを自己紹介した大坂。16歳でプロデビューし、日本人シングルス史上初となるグランドスラム制覇を果たしたが、「ツアーに出てグランドスラムのような大会に出場したけど、私は本当に本当にシャイで、みんなのことが怖かったの」と人見知りぶりを告白している。

 そして、憧れの選手についても明かしている。「私のお気に入りの選手は未だにセリーナとフェデラー。ビーナスのことも本当に好き」。女子では全米オープン決勝で撃破したセリーナとビーナスのウィリアムズ姉妹(米国)と、男子ではグランドスラム優勝20度のロジャー・フェデラー(スイス)の名前を挙げた。

「フェデラーをKOしてしまうところだった」…その理由とは?

 そんな男子レジェンドとの爆笑エピソードも披露している。「フェデラーとは昨日、2回会ったの。あとちょっとで彼をノックアウトしてしまうところだったの。その時、私は廊下を走っていたの」。会場内でトレーニング中に、フェデラーとあわやぶつかりかけたエピソードを満面の笑顔で披露している。

「彼らは今後ずっと長い間、プレーすることはないと思う。彼らのプレーを実際に見ることができるチャンス、同じ時代に生まれることができたこと、それは最高なことだと思うの。彼らのような人に、いつの日かなりたいと願っているわ」

 フェデラーやウィリアムズ姉妹のようなテニス史に残るレジェンドになりたいと胸に秘めた野望を明かした大坂。全米オープン後初戦となる「東レ パンパシフィックオープン」2回戦を19日に迎える。グランドスラム覇者として、さらなる高みを目指す再出発には、大きな注目が集まっている。

THE ANSWER編集部

最終更新:9/19(水) 11:43
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事