ここから本文です

松山英樹が今年も世界トップ3の快挙。充電OKで最終戦へ期待が膨らむ

9/20(木) 6:21配信

webスポルティーバ

 9月20日に開幕するPGAツアーの今季最終戦、30名のトッププロだけで争われるフェデックスカップ・プレーオフ第4戦のツアー選手権(9月20日~23日/ジョージア州アトランタ)に、松山英樹が5年連続で出場する。

【写真】後半戦の逆襲を誓う「美人ゴルファー」

 この”上位30名”のフィールドに毎年立つことは、かなり難しいことだ。現在、連続出場している選手の中では、ダスティン・ジョンソン(アメリカ)の9年というのが最長(※2014年は『パーソナル・チャレンジ』という理由でツアー自体、途中から欠場)だが、それを除けば、ジェイソン・デイ(オーストラリア)の6年連続、それに続くのが、今年のマスターズ・チャンピオンであるパトリック・リード(アメリカ)と松山の5年連続となる。

 この事実だけでも、松山のすごさがわかるし、松山自身、もっと誇ってもいいと思う。いや、もしかすると、内心ではとても誇りに思っているかもしれない。

 このツアー選手権に出場し、年間のポイントレース(フェデックスカップ・ポイント)でトップに立って総合優勝となれば、1000万ドル(約11億円)のボーナスを手にできる。そんなエキサイティングな戦いではあるが、松山は「そこを目指してやっているわけじゃない」と言う。

 彼が言う「そこ」とはあくまでもボーナスのことで、ポイント上位30名の中に入って戦うことは、是が非でも果たしたかったに違いない。だからこそ、8月頭から6週連続でトーナメントに出場するという、滅多に組むことのない過密スケジュールで臨んで、終盤の追い上げを図った。

 未勝利の今季は、メジャー最終戦の全米プロ選手権を終えた時点で、松山のフェデックスカップ・ポイントのランキングは88位だった。メジャー大会からの連戦で臨んだウィンダム選手権で11位に入ると、ポイント76位に浮上。そしてプレーオフに突入してからも、初戦のザ・ノーザントラストで15位に入って、ポイント58位まで順位を上げた。

 さらに、プレーオフ第2戦のデルテクノロジーズ選手権では今季最高タイとなる4位でフィニッシュ。ポイント28位まで大きくジャンプアップすると、プレーオフ第3戦のBMW選手権でも15位と粘って、ポイント27位を保持して最終戦に駒を進める30位以内を死守した。

 ちなみに、2015年に総合優勝を飾ったジョーダン・スピース(アメリカ)は、ポイント31位でツアー選手権の出場を逃している。それほどの難関を突破した松山は、改めて立派だと思う。

 最終戦に進んだ30名のポイントは、ここで一度リセットされる。リセットされた配分ポイントは、1位の選手が2000ポイント、2位が1800ポイント、3位が1520ポイント、4位が1296ポイント、5位が1280ポイント、6位が1120ポイント……といった形で、事前に決められたポイントが30位まで振り分けられ、計算上、必ず全員にボーナス1000万ドルを獲得するチャンスがあることになっている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
5月10日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 王者の凱旋』
■仙台凱旋パレード
■平昌オリンピック名場面集
■世界選手権プレイバック