ここから本文です

日本の若者の海外旅行はどう変わったのか

9/20(木) 15:01配信

nippon.com

中村 哲

バックパック1つで身軽に異国を長期間旅する若者は、おそらく今では少数派だ。格安航空会社(LCC)の利用やインターネットの進化、SNSの普及などにより、多様化した若者の海外旅行の現在を解説する。

かつての若者の海外旅行

2003年以降の「ビジット・ジャパン・キャンペーン」、08年の観光庁の設置など、日本では訪日外国人旅行(インバウンド)が大きな注目を集めている。16年には初めて訪日外国人旅行者数が2000万人を超え、18年は3000万人到達への期待がある。その中で、日本人の海外旅行(アウトバウンド)への注目はあまり高くはなく、2000年代後半には「若者の海外旅行離れ」が話題となることもあった。本稿では、若者にフォーカスして海外旅行の最新の状況を解説したい。

まず1980年代以降に見られた若者の海外旅行の傾向を見ると、以下の4つの特徴が挙げられる。

第1は「バックパッカー」の旅。沢木耕太郎が1986年から92年までに書き下ろした『深夜特急』などの旅行記に啓発され、『地球の歩き方』(79年創刊)などのガイドブックを活用した長期間の旅行をする若者が一定層を形成していた。

第2は「卒業旅行」。80年代初頭から、大学卒業直前・就職を前に実施する友人と一緒に欧州や米国など遠方に異国の文化を求めて旅行する若者が目立つようになった。就職したら長期間の旅行に行くことが困難になるので「今のうちに行こう」という気持ちが影響していたといわれる。当初は3週間から1カ月程度の長期間だったが、90年代に入ってからは2週間以下に短期化している。

第3は「ショッピング・ツーリスト」。香港やハワイ、欧州などの海外旅行先でブランド品をできるだけ安く購入することを目的とする人たちで、80年代後半から90年代にかけて、会社勤めの若い女性などを中心に見られた。

第4は「スケルトンツアー」の活用だ。3泊前後の短期間で、往復の航空券と現地の宿泊がセットとなっており、添乗員が同行せず、個人手配よりも低価格に設定されているパッケージ・ツアーの1つである。とりわけ2000年代以降の「スケルトンツアー」利用者は、『るるぶ』『まっぷる』などの雑誌サイズのガイドブックを手にして、観光地で買い物や食事を効率よく楽しみ、現地の歴史や文化からは切り離された行動をしていることが多かった。

もちろん、現在でも上記のような旅行のスタイルを選んでいる若者は見受けられる。ただし旅行の仕方には変化が生まれている。例えば、「卒業旅行」をする若者の中には、短期間の行程で複数回渡航し、その都度同行者が異なるという人もいる。

1/3ページ

最終更新:9/20(木) 15:01
nippon.com

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ