ここから本文です

祝・復帰の“女王サマ” 「指原莉乃」は知らない「松井珠理奈」の勘違い発言

9/20(木) 7:00配信

デイリー新潮

 およそ3カ月の休養期間を経て、SKE48の松井珠理奈が復帰を果たしたのは9月6日のことだった。“女王”が総選挙直後から不在というのもさることながら、センター欠席での新曲披露、PVでは出演シーンがCGアニメで代用されるなど、それはそれで話題を呼んではいた。だがやっぱり、その振る舞いが招く注目度には代え難いようで……。

 ***

 そもそもの松井の休養の発端が、総選挙の際の宮脇咲良(20)との一件にあったことは知られたとおり。踊りの甘さを注意したら“さくらたん”は出られなくなっちゃいました――。パワハラじみたこの発言に運営は報道NGを敷き、松井を叱責。が、これがTVで放送されてしまうと、SNSを中心に瞬く間に拡散、ファンならずともその強烈なキャラクターが知られることになった。

 さるファンは「休養を経て少しはしおらしくなったかと思ったのですが、そんなことはありませんでしたよ」と、こんな出来事を教えてくれる。

「劇場で復帰後初の姿をファンに見せたその翌日、松井は『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演して、センター曲『センチメンタルトレイン』を初めて全員が揃った形で披露したんです。問題は放送の後。各メンバーのSNSに松井の復帰を祝う2ショットがアップされていったのですが、ある3人だけ2ショットがない。ファンの間で話題になっています」

 解説によれば、この曲を歌うのは先の選挙で選抜された上位16人。1位を獲った松井もこれに含まれ、本来であれば15人との写真が公開されているはず。ところが先の宮脇、そして矢吹奈子(17)、高橋朱里(20)とのツーショットがないというのだ。これが何を意味するのか、もうすこし説明してもらうと、

「選ばれたAKBのメンバーが韓国の子たちと順位を競い、日韓合同アイドルグループでのデビューを目指す『PRODUCE48』という企画番組があったんです。参加者はそれぞれ歌やダンスの審査を受け、クラス分けされる。松井は途中で休養のため辞退となったのですが、簡単にいえば、松井より上のクラスにいたのがその3人。それを根に持ち、ツーショットを撮るのを避けたんじゃないか、というわけなんです」

 ただの偶然という見方もあるが、復帰早々にその一挙手一投足が憶測を呼ぶあたり、さすが“松井女王”である。

1/2ページ

最終更新:10/18(木) 16:50
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ