ここから本文です

ポケモンGO、なぜ「復活するなら今」なのか

9/21(金) 8:30配信

東洋経済オンライン

 皆さん、ポケモンGOは楽しくプレイしていますか?  復活者が次々と報告されているポケモンGOですが、9月中旬からは「ウルトラボーナス」と称した4大イベントが開催されています。まさにいったん引退した人でも、復活するなら今しかない! という状況になっているわけです。

この記事の写真を見る

 発表されたキャンペーンは以下の通りです。

・9月14日~20日「伝説のポケモン、フリーザー、サンダー、ファイヤーが復刻」
・9月14日~30日「7kmタマゴイベント」

・9月14日~30日「カントーポケモン出現率アップ」
・9月21日~10月23日「ミュウツーが通常レイドバトルに出現」

■「伝説の3鳥」が復刻

 まず、伝説の3鳥の復刻イベントです。9月14日~20日の間、3鳥と呼ばれるフリーザー、サンダー、ファイヤーが出現するというイベントがありました。

 レイドバトルにはかなりの高確率で出現するようで、開始当初からマップ上には3鳥がバタバタと威容を誇っています。

 レイドバトルが行われていても普段は人が集まらないようなエリアのジムでも、レイドバトルを勝利するのに十分なトレーナーで賑わっていました。

 これらのポケモンは、過去に特別なイベントで入手できましたが、ファイヤーデイ、サンダーデイ、フリーザーデイと呼ばれたイベントは開催時間が3~6時間に限られており、しかもプレイが集中してネットワークが不安定になるなどの問題も報告されていました。従って、今回のイベントが過去最大級に長い期間での出現となります。

 さらに、過去のイベント同様に色違いの3鳥を入手できることから、レアポップ(出現)の色違いを狙って何度も何度もチャレンジしているトレーナーも多いようです。これはレイドバトルマップ上での画面右下のポケモンのアイコンが並んでいる「ニアバイ」からも確認できます。

 また、カントー地方のポケモン出現率アップイベントも同時にスタートしており、9月30日まで、出現率がアップするだけではなく、レイドバトルのボスポケモンとして高頻度に出現します。

 このことから、アップデートが間近なのでは? というウワサもたっています。

 第4世代アップデートで進化先が増えると言われているポケモンを中心に出現率がアップしていることが理由ですが、特にレイドバトルで出現する通常のポケモンは、個体値が高いことが多く、進化させる用のポケモンとしてピッタリです。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事