ここから本文です

石毛宏典も打席でイラっ。打倒・西武へ野村監督は用意周到だった

9/22(土) 8:20配信

webスポルティーバ

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(2)

【リーダー】西武・石毛宏典 後編

◆1992年日本シリーズは、野球選手の本能が「ID野球」に勝った

【写真】黄金時代の西武でチームリーダーを担っていた石毛氏

――結局、1992年の日本シリーズは第7戦までもつれたものの、4勝3敗で西武ライオンズの勝利。3年連続の日本一に輝きました。

石毛 第7戦のタケ(石井丈裕)の好投、そして同点打。ともに忘れられないですね。あの同点打の場面で、僕は「IDに負けるな、気持ちで打て! 野球選手の本能で勝つぞ!」と言いました。何とかヤクルトを倒すことができて嬉しかったね。IDよりも本能が勝った気がして。今でもよく覚えているのは、俺、このとき初めて泣いたんだよね。

――それまでのシリーズでは、涙を流していなかったのに?

石毛 そう。グラウンドで涙を流したのは、このときが最初で最後だと思います。どうして泣いたんだろう。年を取ってベテランになって、いろいろ感慨深くなっていたのかな? ・・・・・・まぁ、涙なんて理屈で出てくるものじゃないけど。

――そして、迎えた翌1993年。相手はまたしてもヤクルトスワローズでした。当時のヤクルトナインにお話を聞くと、「どうしても西武と戦って、リベンジしたかった」と言っています。石毛さんは「対ヤクルト」ということに関して、何か思うところはありましたか?

石毛 全然。相手はどこでもよかったです。我々は「まずはパ・リーグの覇者になるんだ」という思いで、その上で日本シリーズに勝つ。それは毎年一緒ですよ。とにかく俺たちはペナントレース130試合、そして日本シリーズ7試合、合計137試合が年間行事として、体内時計に組み込まれていたわけですから。

――この年はデストラーデ選手がメジャーに復帰し、”純国産打線”で臨むことになりました。前年と比べて、「不利だな」という思いはありませんでしたか?

石毛 なかったですね。あの年はデストラーデの代わりに、若手の鈴木健が頑張っていましたから。たぶん、1992年と同じ心境だったと思いますよ。「日本シリーズという舞台でセ・リーグの覇者と戦う」ということは、毎年変わらないことですから。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
5月10日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 王者の凱旋』
■仙台凱旋パレード
■平昌オリンピック名場面集
■世界選手権プレイバック

Yahoo!ニュースからのお知らせ