ここから本文です

錦織、2年ぶりVあと2勝 死闘4強にATP賛辞「トップ5の頃の調子取り戻しつつある」

9/22(土) 13:39配信

THE ANSWER

モゼール・オープン4強、本人も安堵「簡単なゲームではなかった」

 男子テニスのモゼール・オープンは21日、シングルス準々決勝で世界ランク12位の錦織圭(日清食品)が同31位のニコロズ・バシラシビリ(ジョージア)を6-3、4-6、6-4で破り、準決勝進出。2年ぶりのツアー優勝まであと2勝に迫った日本のエースをATP公式サイトは「トップ5の頃の調子を取り戻しつつある」と賛辞を送っている。

【動画】「ブラボー」「なんてショット!」…海外ファンも称賛した、全米オープンで錦織が決めたリターンエース!

 苦しみながら、優勝にあと2勝と迫った。フルセットとなりながらも、しっかりと勝ち切った錦織。ATP公式サイトは「ニシコリ、2016年以来の優勝に前進」と見出しを打ち、2年ぶりのツアー優勝に迫ったことをレポートしている。

 記事では4月に世界ランク39位まで落としたが、全米オープン4強で復活の兆しを見せたことを記述。「トップ5に入っていた頃の調子を取り戻しつつある」と世界最高4位の錦織が着実に復調していると評価している。

 また、本人のコメントも紹介。「今日の試合はなかなかタフだったけど、なんとか勝って準決勝に進めたので良かった」と安堵した錦織は「第1セットはほぼ完璧な内容だと感じていたけど、第2セットに彼が調子を上げてきたので、タフな展開になった。第3セットでも3-1とされたので、もう一度集中して、自信を取り戻そうとした。それが上手くいき、ゲームセットに持ち込むことができた。簡単なゲームではなかった」と粘り強く勝利をもぎ取ったことを振り返っている。

 全米オープンを制した女子の大坂なおみ(日清食品)とともに日本テニス界を牽引する錦織。着実に完全復活の階段を上がっている。

THE ANSWER編集部

最終更新:9/22(土) 16:15
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)