ここから本文です

ブログでは“充実”をアピールしていた吉澤ひとみ 復帰は困難か

9/22(土) 5:58配信

デイリー新潮

 自身のブログには、育児や仕事に追われる日々をアップし、充実したハッピー・ライフをアピールしていた吉澤ひとみ(33)。ところが、飲酒・ひき逃げ事故で明るみに出たのは、泥酔が常習だったという大トラ伝説の数々。“リア充”なのに、なぜ、酒に溺れていたのか。

 アイドルグループ「モーニング娘。」のリーダーを務めた時期もある吉澤。彼女のこれからの人生が一瞬にして暗闇に包まれたのは、9月6日早朝のことだった。

 スポーツ紙記者が言う。

「吉澤が運転するワンボックスカーが、信号を無視して横断歩道に突っ込んだのです。自転車で横断中の女性を撥ね、倒れた自転車が、傍を歩いていた男性にぶつかった。被害者2人は転倒し、軽傷を負いました」

 ここで救護に当たれば、大事には至らなかったはずだが、彼女は一目散にトンズラ。なぜなら、逃げたくなるわけがあったからだ。

「通行人からの通報で警察が現場で捜査をしていると、事故の約15分後に吉澤が車で戻って来ました。そこで飲酒の事実が判明。警察署に連行し、その後、逮捕となったのです」(同)

 容疑は、自動車運転処罰法違反と、ひき逃げおよび酒気帯びの道交法違反。前日の晩に、「自宅で缶チューハイ3本を飲んだ」と供述しているというが、基準値の4倍のアルコールが検出されているから、完全に“酔っ払い”の領域である。

自宅に30種類の酒

 吉澤は、「モー娘。」を卒業した2007年以降、絶頂期に比べて仕事も減少したが、代わりに15年にIT企業経営者と結婚。翌年には男児を出産し、表向きは、幸せな家庭を築いていると思われていた。

 芸能記者によると、

「現在、子供は2歳になり、彼女は“べビオ”と呼んで溺愛。度々、写真をブログやSNSに掲載しています。家族でディズニーランドに行ったことや、仲間との子連れホームパーティなどなど。充実しているように見えました」

 だが、現実はかなり違っていて、酒の欠かせない日々だったようだ。

「事故当日も、イベント会場に自ら運転して向かう途中でした。つまり、酒が残った状態で仕事に臨むつもりだったわけです。元々、日本酒など酒が大好きで、独身時代は自宅に30種類もの酒を常備。酒に飲まれるタイプで、一緒に飲んだ明石家さんまには、かつてラジオ番組で『もう嫌や』とサジを投げられたほどです。泥酔や酒気帯び運転が常習だった可能性もある」(同)

 なぜ、そこまで酒に頼ってしまうのか。

「仕事や育児がストレスになっていたのでしょうが、11年前に交通事故で弟を亡くしている彼女の場合、その怖さを知っているはず。しかも、子供がいるというのに、今回のような行動をとったということは、結局、自分に甘いんです」(同)

 不祥事に甘い業界でも、さすがに復帰は困難と見られている吉澤。芸能界で築き上げた人生は、ブラックアウト寸前か。

「週刊新潮」2018年9月20日号 掲載

新潮社

最終更新:9/22(土) 5:58
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ