ここから本文です

【運動会弁当に】韓国風のり巻き「キンパ」なら、ラクで豪華に見える!

9/24(月) 7:00配信

サンキュ!

子どもの晴れ舞台、運動会。ふだんのお弁当より気合いを入れて豪華なものにしたいけど、あまり手の込んだものばかりも大変。そこで今日は、ラクなのに見栄えのいい運動会レシピをご紹介します。

フォロワー数16万人!超人気料理インスタグラマーのMAYAさんのおうちでは、韓国風のり巻きの「キンパ」が運動会弁当の定番なんだそう。その魅力と作り方をさっそくチェックしてみましょう。

キンパべんとうのココが魅力!

■おにぎりを握るより早く、大量にできる
■小さめサイズで、子どもでも食べやすい
■食べる時間が短くても、一口分で栄養たっぷり

韓国の定番のり巻きであるキンパは、ごま油と塩で味つけしたご飯を使うのが特徴。数種類の具材を巻けば、華やかで栄養も満点。薄く切り分けるので食べやすいのも魅力です。具材は、火を使わない魚肉ソーセージやかにかま、たくあんなどを使えば、前日の準備も簡単。全形ののりを少し切り落とし、中太サイズののり巻きにすれば一口で食べやすい!

【材料】
焼きのり(全形) … 4枚
ご飯(1合強) … 400g
ごま油 … 大さじ1
塩 … 少々

【具材】
かに風味かまぼこ(縦半分に切る) … 12本
たくあん(せん切り) … 4cm
魚肉ソーセージ(縦6等分に切る) … 1本
ほうれん草 … 1わ
にんじん(せん切り) … 1本

1:具を準備する

魚肉ソーセージは6本のうち2本を横半分に切る。ほうれん草はゆでて水けを絞って根元を落とし、ごま油適量、にんにくのすりおろし、しょうゆ各小さじ1弱、塩少々であえる。にんじんはごま油適量を熱したフライパンで炒め、にんにくのすりおろし小さじ1、塩少々、しょうゆ小さじ2で調味する(ここまで前日にやって、冷蔵室におく)。

2:のりに、ご飯、具をのせる

ご飯はごま油、塩を混ぜてさます。のりは上2cmを切り落とす。巻きすにのりをのせ、のりの上部を1cm空けてご飯1 4量を薄くのばす。ご飯の手前側を1cm空けて、具材を1 4量ずつのせる。

1/2ページ

最終更新:9/24(月) 7:00
サンキュ!

記事提供社からのご案内(外部サイト)