ここから本文です

強さが隠していた疲労のピーク。次の頂点へ大坂なおみには休息が必要

9/24(月) 16:05配信

webスポルティーバ

「今日の私は、いっぱいいっぱいになってしまって……」

 いくぶん潤んだ瞳を伏せ、疲労と困惑の色を浮かべた表情で絞り出したこの言葉が、この日の彼女の状況を何より端的に物語っていた。

【写真】大坂なおみの名言集

 全米オープン優勝の直後から、アメリカでテレビ出演などをこなし、来日してからは連日カメラに追われ、かつてない喧騒と注視にさらされたまま、東レパンパシフィックオープン(PPO)の戦いに身を投じた。

 過度なプレッシャーや調整不足が危惧され、「コンディションがよくないらしい」という情報も流れるなかで迎えた初戦(1回戦はシード免除の2回戦)。ところが、いざフタを開けてみると、大坂なおみはサーブもストロークも盤石で、実力者のドミニカ・チブルコワ(スロバキア)を6-2、6-1のスコアで圧倒する。

 後に本人も「こんなに冷静に大会に入ってこられたことに、自分でも驚いている」と打ち明けたが、グランドスラム直後、しかも母国での試合という状況を考えたとき、確かに彼女の落ち着きは驚嘆に値するものだといえた。事実、今季の大坂以外の四大大会優勝者は、その直後の大会でいずれも3回戦以上に勝ち進めていないのだから……。

 ただ、このあまりの強さが、そして決勝までひとつのセットも落とさぬ圧巻の勝ち上がりが、まだ面差しに少女のあどけなさを残す20歳が背負う重みを見えにくくしただろう。とくに、完璧主義者の彼女が「悪いところが見当たらなかった」と振り返る準決勝後の記者会見では、もはや彼女の優勝が規制路線であるかのような、やや勇み足の祝福ムードすら漂っていた。

 対して、全試合フルセットの苦しい勝ち上がりのカロリナ・プリスコバ(チェコ)は、周囲が自分の勝機は薄いと見ていること、そしてその状況が大坂には重圧になることも考慮し、決勝のコートに向かったはずだ。

 まだグランドスラムのタイトルこそないものの、決勝の舞台や世界1位をかけた試合の場数も踏んできた彼女には、大坂の心境を察するに十分な経験があった。また、半年前の大坂との対戦で、ミスを重ねて敗れた悔いも当然あっただろう。

「彼女をパワーで打ち負かそうとは考えないようにした。相手は、私よりもパワーがある。だから、私は我慢強く戦い、チャンスをじっくりと作り、攻めるべき場面を待つよう心がけた」

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
10月31日(水)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 新世界を拓く』
■羽生結弦インタビュー
■トロント公開練習フォトギャラリー
■アイスショープレイバック

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ