ここから本文です

「ポケモンGO」の再来か…! ガンホーが「新作」で大復活の兆し

9/24(月) 12:00配信

現代ビジネス

新作『妖怪ウォッチ ワールド』が大人気

 「パズドラ・ショック」が弾けて以来、長く凋落を続けているガンホー・オンライン・エンターテインメント(3765)。

 ここへきてその株価に「光明」が見えてきたことをご存じだろうか。

 財産ネット企業調査部長の藤本誠之氏が言う。

 「ガンホーはスマホゲーム『パズル&ドラゴンズ』が大黒柱のスマホ向けゲーム会社ですが、パズドラの利用者の減少などでその株価は大幅下落していました。それが9月13日に安値209円をつけてから、急速に出直ってきたのです」

 きっかけとなったのは、ガンホーの新ゲーム『妖怪ウォッチ ワールド』。

 このゲームは、人気コンテンツ「妖怪ウォッチ」を手掛けるレベルファイブとガンホーが共同開発したスマートフォン向け妖怪探索位置ゲームである。

 6月にサービス開始するとユーザーが殺到し、いきなりApp Store、Google Play ストアで無料ゲームランキングの1位を獲得。

 9月14日には累計200万ダウンロードを達成するなど、一大ブームぶりを見せているのだ。

 しかも、近年は同じ位置ゲームとして『ポケモンGO』の大ヒットがあっただけに、「ポケモンGOの再来となるか」「第二のポケモンGOとなるか」と、マーケット関係者の期待感が高まっている。

 「ゲーム愛好者の間では、両ゲームが『似ている』『いや、似ていない』と話題になっているほど。両ゲームを比較して、どこが似ていて、どこが違うかを分析するような動きも出ている」(スマホゲーム会社の開発者)

 では、ガンホーの株価は、さらなる上昇相場が期待できるのか。

 ズバリ、的中率80%を超える『Phantom株価予報AIエンジン』(財産ネット社開発・運営、詳細はhttps://phantom-ai.com/)が弾き出した「週間株価予報」は以下の通りである。

 前出・藤本氏が言う。

 「ガンホー株は、しばらくリバウンド相場が期待できそうです」

1/2ページ

最終更新:9/24(月) 17:25
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。