ここから本文です

C・ロナウド、FIFA授賞式を欠席へ。モドリッチが年間最優秀選手“2冠”達成か?

9/24(月) 16:17配信

フットボールチャンネル

 現地時間24日に、国際サッカー連盟(FIFA)による「ザ・ベスト賞」表彰式がロンドンで開かれる。だがユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドは授賞式を欠席する見通しとなった。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 C・ロナウドは、レアル・マドリーのMFルカ・モドリッチ、リバプールのFWモハメド・サラーとともに年間最優秀選手の最終候補3人に残っている。だが、その受賞者が発表される場には居合わせないことになる。

 スペイン紙『マルカ』が伝えるところによれば、ユーベの所属選手は全員が表彰式を欠席するという。現地時間23日にセリエAのフロジノーネ戦を戦ったのに続いて、ミッドウィークの26日にもボローニャ戦が組まれているという日程上の都合だ。

 クラブ事情による欠席だとしても、スケジュールの合間を縫って無理に出席しないということは、C・ロナウドが最優秀選手賞の受賞を逃すことを意味しているのかもしれない。

 モドリッチが受賞したUEFA(欧州サッカー連盟)の年間最優秀選手の授賞式の際も、C・ロナウドは欠席。本人や代理人が受賞を逃したことに怒りを表したと報じられ、授賞式欠席は「ボイコット」だとして批判されていた。

『マルカ』は、FIFAの年間最優秀選手もモドリッチが受賞することが予想されると伝えている。C・ロナウドとリオネル・メッシ以外が受賞したとすれば、2007年のカカー氏以来11年ぶりとなる。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ