ここから本文です

過去には滝川クリステルとイベントも 獣医師が告発する「ピースワンコ」の偽善

9/24(月) 8:01配信

デイリー新潮

滝川クリステルも見限った「ピースワンコ」の捨て犬虐待(1/2)

 犬の殺処分など、ないほうがいいに決まっているが、救ったはずが殺処分より酷い虐待を加えているなら……。「殺処分ゼロ」を掲げて浄財を集める「ピースワンコ」。滝川クリステルも見限ったその偽善の実態を、内部で働いた獣医師、竹中玲子さん(54)が告発する。

【画像】リンチされた死亡した犬

 ***

 その昔、「てめえら人間じゃねえや、叩き斬ってやる!」という決めゼリフが毎回飛び出す時代劇があったが、言うまでもなく、人間じゃなきゃ叩き斬っていいという法はない。犬も殺処分せずに済むに越したことはない。

 だから、ピースワンコ・ジャパンのHPで〈犬と愛犬家の楽園〉〈殺処分ゼロへのチャレンジ〉等の文言を見れば、共鳴する人も多いだろう。そこには〈ふるさと納税で支援! これ以上、ワンコを殺処分させない〉とも書かれ、結果、広島の犬の殺処分ゼロが9月9日現在で892日続いている旨が記されている。

 ピースワンコ・ジャパンとは、広島県神石高原町に本部があり、紛争解決や災害支援で知られるNPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)のプロジェクト。5月17日付の朝日新聞広島全県版の記事から引用して説明すれば、〈野良犬や捨て犬をすべて引き取り、里親探しに奔走。都市部の愛犬家たちが、ふるさと納税で年間数億円の寄付をして支え、町のPRにも一役買っている〉というもの。要は、行政が収容した身寄りのない犬をふるさと納税を使って引き取り、保護し、里親に渡す事業である。神石高原町の入江嘉則町長も、

「『犬の殺処分ゼロ』事業を持続可能なものにするためには多額の費用が必要で、ふるさと納税を活用し、思いを同じくする皆様のお力を借りることとしました」

 と胸を張る。

 先の記事を書いた記者は、保護施設を訪ねたそうで、〈犬舎には庭付きの小部屋が並び、共用のドッグランがある。どの犬にも名前があり、部屋には3~5頭ずつ入れられて、人懐こそうに窓から顔をのぞかせる犬もいる。スタッフの多くは20~30代。施設は同町周辺に4カ所あり、約2千頭が暮らす〉と記事に記されている。殺されるはずだった犬たちが、文字通り「楽園」で暮らせるなら、たしかに「納税」する意義がありそうだ。

1/3ページ

最終更新:9/24(月) 8:01
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事