ここから本文です

ポルトガルの次世代に世界が騒然。130億円の19歳が引っ張る若返り。

9/24(月) 11:31配信

Number Web

 坂の途中のレストランで、優しい調べに誘われて路上で踊り始めた老夫婦を見た印象が強いからかもしれない。ユーラシア大陸の最西端にあるポルトガルでは、柔らかい時間がゆっくりと流れているような気がする。

 しかし、フットボールの印象は正反対だ。特に今季はサイクルの早さが増した感がある。

 そのイメージを強めるのが、首都リスボンを本拠地とするベンフィカだ。いや、正確に言えばポルト、スポルティングとともにポルトガルサッカーにおいてビッグ3と呼ばれるクラブの、2人の若者だ。

 母国に負けない豊かな歴史を誇る名門は、少しずつ新たな章を書き進めている。

ベンフィカは着実に若返っている。

 長年キャプテンのアームバンドを巻いて最終ラインに君臨してきたルイゾンは、負傷を機に昨季途中から出場機会を失った。ピッチから離れた37歳のCBは、今や柔和な表情で地元メディアを飾るだけで、今季途中にも退団、シーズン後には引退するとささやかれている。

 すでにエリゼウはクラブを離れ、今季の最終ラインで三十路を越えたのは32歳のジャルデウだけだ。チーム全体を見渡しても、他の30代は中盤のリュボミル・フェイサと、最前線のジョナスだけである。

 昨季はポルトにタイトルを譲り、リーグ5連覇を逃した。その裏で、着実に若返りは進んでいた。

 ポルトも高齢化が進んでいるばかりではないが、37歳のイケル・カシージャスら守備陣にベテランが揃い、主力は30歳に近づく選手が多い。反対に、ベンフィカの若さが印象を強めるのには理由がある。

 今季台頭しつつある、2人のティーンエイジャーの存在だ。1年前のこの時期には、まだベンフィカBでプレーしていた。

 「練習が終わって、母さんと友だちと一緒にカフェにいたんだ」

ゲドソン・フェルナンデス、19歳。

 この夏に迎えた人生のハイライト、19歳にしてポルトガル代表選出を知らされた瞬間を、ゲドソン・フェルナンデスはそう振り返る。

 「戦術面では、まだ問題を抱えている」

 自身の現状をそう語るが、チャンピオンズリーグ(CL)予選では、全4試合にフル出場。敵愾心丸出しのアウェイのスタジアムにおいて、フェネルバフチェ相手に先制点をあげた。ホームで引き分けた後のPAOKとの第2戦でも攻守に物怖じする様子など微塵も見せず、中盤のエンジンとして働いた。インサイドハーフとして並び立つピッツィと力強いリズムを巻き起こし、逆転での4-1の大勝でCL本戦出場権を持ち帰った。

 CL予選と並行するリーグ戦でも先発出場を続けると、トップチームで公式戦7試合出場のキャリアでフル代表のユニフォームを勝ち取ったのである。

 「まったく予想していなかった」という初招集にとどまらず、わずか数分ではあるもののクロアチア戦で初キャップも獲得した。クラブが契約更新を急ぎ、違約金を1億ユーロ(約130億円)に引き上げたというのも納得の、まさに急上昇株である。

1/3ページ

最終更新:9/24(月) 11:31
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

963号
10月11日発売

定価590円(税込)

大谷翔平 旋風の軌跡。

【スペシャルインタビュー】 大谷翔平「激動の1年を語る」
【全米が見た二刀流】 イチロー/バーランダー

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)