ここから本文です

【日産・プロパイロットパーキング試乗】自動駐車システムは動作に迷いなく、安心して任せられます

9/25(火) 12:41配信

clicccar

日産のプロパイロットパーキングを試してみました!

テレビCMでおなじみの自動駐車技術こと日産のプロパイロットパーキングを新型リーフで試してきました。

日産プロパイロットパーキング体験の他の画像はコチラから!

このシステムを使うとステアリング・アクセル・ブレーキ・シフト操作からパーキングブレーキまでをすべて自動で制御してくれます。駐車が苦手な人にとってはとてもありがたい機能なんですね。

駐車の方法としては車両を頭から入れるもの、後ろから入れるもの、そして縦列駐車が選択可能です。今回は車両を後ろから入れるものにトライしてみました。

まずは駐車したい区画の手前で車両を停車します。
ここでセンターコンソールのシフトレバー脇にあるプロパイロットパーキングスイッチを押します。
その後、駐車したい区画の中央付近にドアが来るように車両を前進させます。駐車可能エリアに近づくと画面上の駐車区画に「P」のマークと「駐車開始」ボタンが表示されて動作可能であることが示されますので、ブレーキを踏んだまま駐車開始ボタンをタッチします。

本当に全自動で駐車しました!

プロパイロットパーキングスイッチを押したままブレーキペダルをゆっくりゆるめると車両がスルスルと前進します。
リーフが動き出した後もプロパイロットパーキングスイッチは押したままにしておきます。

するとステアリング・アクセル・ブレーキの一切の操作なしにシステムが自動で車両を操舵しながら前進させていき、設定した切り返しポイントに向かって行きます。切り返しポイントまで到着すると、自動でシフトがリバースに切り替わります。

その後リーフは自動でバックしていき、画面上で赤枠表示された指定駐車枠にするすると車体を到達させてくれます。

駐車速度に関してはさすがに「早い!」というスピードにはなっていませんが、駐車のライン取りや一連のステアリング操作の流れは丁寧で迷いがありません。このため任せていても不安感がないのです。

記者の田舎の母親が運転するより安心でした。やるね、プロパイロットパーキング。

(写真・動画・文/ウナ丼)

最終更新:9/25(火) 12:41
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)