ここから本文です

人口はほぼ同じ、面積は7倍 沖縄とハワイを比較してみた!

9/26(水) 11:22配信

オーヴォ

 休暇先として人気の沖縄とハワイ。どちらも太陽と海が楽しめて、目的地選びで迷った人も多いかもしれない。そこで阪急交通社(大阪市)が、沖縄とハワイの関連データを徹底的に比較してくれた。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 まず陸地面積。島の数は沖縄の方が多いが、双方全ての島の陸地面積を合わせて比較すると、ハワイは沖縄の7倍以上。一方で人口はどちらも140万人台と、ほぼ変わらず。旅先としてのデータを比較すると、当然ハワイへのフライト時間は、沖縄の約3倍以上。子ども連れの割合は沖縄の方が高く、約6%。ハワイは約4%。どちらも都道府県別・国別で比較すると高い割合で、子連れに人気のスポットといえる。





 ハッシュタグ投稿数はどちらも数百万単位だが、旅先での一人当たりの消費額や平均滞在時間はハワイが沖縄を上回る。月別観光客数は、沖縄は8月がピークで1,00万2,500人、ハワイは7月がピークで89万1,878人。どちらも夏がピークだけれど、ちょっと違うのは、ハワイの12月観光客数は、7月のピークに匹敵する88万441人と高い数字になること。暮れの旅先にいかが?

最終更新:9/26(水) 13:47
オーヴォ

あなたにおすすめの記事