ここから本文です

パナマ代表、森保ジャパン第2戦へ“ほぼベストメンバー” ロシアW杯組15人招集し来日

9/26(水) 17:57配信

Football ZONE web

同国史上最多の145試合出場を誇るゴメスを筆頭にロシアW杯メンバーがズラリ

 パナマサッカー連盟は現地時間25日、10月12日に新潟(デンカビッグスワンスタジアム)日本代表戦に挑むメンバー20名を発表した。初出場(3戦全敗)となったロシア・ワールドカップ(W杯)で同国史上初のゴールを決めた37歳のDFフェリペ・バロイを筆頭に、計6選手が現役ないしは代表引退を表明。32歳のDFロマン・トーレス(シアトル・サウンダーズ/MLS)も家庭の事情で選外となったが、それ以外はロシアW杯のメンバーを15人選ぶなど、怪我人を除いてベストメンバーでの来日となる。

【写真】フランス有名紙がまさかのミス! 日本代表MF伊東純也の初ゴールを報じるはずが…勘違いで“別人ショット”投稿

 サプライズは、ロシアW杯後の代表引退を表明していた34歳のMFガブリエル・ゴメス(アトレチコ・ブカラマンガ/コロンビア)の復帰だ。パナマ代表史上最多の145試合に出場してきたベテランボランチのメンバー入りは、地元メディアもこぞって驚きとして報じた。

 パナマではW杯後、コロンビア人のダリオ・ゴメス監督が退任。同国U-17代表を率いていたパナマ人のガリー・ステンペル氏が、後任が決まるまでの代行監督に就任しており、地元紙「パナマ・アメリカ」によると、ステンペル代行監督は「彼には非常に豊富な経験があり、ピッチ内外で多くのことをチームにもたらしてくれる」と、選出理由を明かしたという。

 パナマ代表は9月11日のベネズエラ戦に0-2で敗れており、指揮官は「日本は(パナマの隣国の)コスタリカに良い試合をして勝ったが、我々は責任感のある立派な役割を果たすために、日本と互角に戦えるチームを作りたい」と抱負を語っている。

 なお、パナマ代表は10月12日の日本戦を行った後、同16日に韓国・天安で韓国代表と対戦する。

ロマン・トーレスは家庭の事情で選外

 発表された日本戦のメンバー20人は以下の通り。

GK
ホセ・カルデロン(デポルティボ・グアスタトヤ/グアテマラ)
ルイス・メヒア(ナシオナル/ウルグアイ)

DF
アロルド・クミングス(サンノゼ・アースクウェイクス/MLS)
ミカエル・アミル・ムリージョ(レッドブル・ニューヨーク/MLS)
フィデル・エスコバル(レッドブル・ニューヨーク/MLS)
エリック・ダビス(FK DAC/スロバキア)
アドルフォ・マチャド(ヒューストン・ダイナモ/米国)
フランシスコ・パラシオス(サンフランシスコFC)
ルイス・オバージェ(スポルティングSM)

MF
アニバル・ゴドイ(サンノゼ・アースクウェイクス/MLS)
ガブリエル・ゴメス(アトレチコ・ブカラマンガ/コロンビア)
ホセ・ルイス・ロドリゲス(NKイストラ/クロアチア)
エドガル・バルセナス(レアル・オビエド/スペイン)
リカルド・アビラ(CDウニベルシタリオ)
クリスティアン・マルティネス(コロンブス・クルー/MLS)
ミゲル・カマルゴ(ミネロス・デ・グアヤナ/ベネズエラ)
アルマンド・コーペル(ディナモ・ブカレスト/ルーマニア)

FW
ガブリエル・トーレス(ウアチパトFC/チリ)
アブディエル・アロージョ(CDサンタクララ/ポルトガル)
ロランド・ブラックバーン(ザ・ストロンゲスト/ボリビア)

Football ZONE web編集部

最終更新:9/26(水) 20:38
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新