ここから本文です

キングオブコント優勝「ハナコ」は前途多難? 3人組は売り方が難しいワケ

9/26(水) 7:15配信

デイリー新潮

松本人志も「将来が楽しみ」と絶賛

 人気番組だから当然だとはいえ、「2時間でテレビ25本出演決定」には改めて驚かされる。TBSが22日に放送した「キングオブコント2018」で優勝した、お笑いトリオのハナコのことだ。

 ***

 ハナコはワタナベエンターティメントに所属。菊田竜大(31)、秋山寛貴(27)、岡部大(29)の3人組だ。

 予選で披露した、犬のコントで言えば、菊田が途中で入室する友人、秋山が犬の飼い主、そして岡部が犬という配役だった。ちなみに岡部は、早稲田大学お笑い工房LUDO出身。1期上の幹事長が、ひょっこりはん(31)という経歴を持つ。

 優勝賞金は1000万円。まさに“ジャパニーズ・ドリーム”だろう。今後のさらなる活躍を祈らずにはいられない。が、過去の優勝者を改めて見てみると、やはり芸能界は厳しい世界だと思い知らされる。

 表の通り、数千人の中からトップに選ばれたにもかかわらず、芸能界の最前線で活躍しているコント芸人は決して多くはない。

 さらに気になるのが、ハナコのような3人組の少なさだ。11組の優勝者のうちトリオは3組。率にして27%という数字になる。在京キー局のディレクターが、“お笑いトリオ”のメリットとデメリットを指摘する。

「もちろん『キングオブコント』は見ました。ハナコは非常に面白かったですね。実力の持ち主なのは間違いありません。優勝したその日のうちに25本の仕事が入ったそうですが、当分の間は番組に出まくるでしょう。ただ、これからは極めて残酷な“ふるい分け”も始まります。テレビの世界では、芸のクオリティだけでは売れっ子にはなれません。トークで視聴者が喜ぶキャラクターを出せるかが勝負です」

 ある意味で今、ハナコよりも、にゃんこスターのほうが話題を集めている。スーパー3助(35)とアンゴラ村長(24)の2人組だが、昨年の「キングオブコント」で準優勝。インパクトの強さから、優勝したかまいたちよりテレビの露出が多かった。

 だが、“トーク力”の乏しさから次第に出演は激減。そのため近年は「キングオブコントにおける一発屋」の代名詞として扱われている。今年は開催前から、にゃんこスターの記事が散見されたほどだ。

「今の時代、正直に言って、3人組は売り方が難しいんです。キングオブコントの番組中で本人たちは『人を1人多く使えるのは滅茶苦茶でかい』と胸を張っていました。確かに2人組はどうしても漫才と重なってしまいますが、3人組は立派な演劇です。笑いの幅が広がるのは、私たち観客にも一目瞭然でしょう。一方で、テレビのスタジオやロケでのトークで、3人組は邪魔になります。3人に等しく話題を振ったり、カメラを向けたりするのは非常に手間です。その割に、視聴者が喜ぶ場面にはなりません」(同・在京キー局のディレクター)

1/2ページ

最終更新:10/18(木) 16:01
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事