ここから本文です

貴乃花はどこへ行くのか……。角界で再び巻き起こる不信の渦。

9/26(水) 17:01配信

Number Web

 貴乃花親方が日本相撲協会に引退届を提出した。

 すぐには受理されず、両者の言い分は食い違っている。今後、どのような展開となるのかはともかく、今回の事態を招いた大きな要因に、あの日馬富士と貴ノ岩の一件があることは間違いない。

 あの時、貴乃花親方は、「わが子」である貴ノ岩を守るべく、断固として戦った。そして、その一途な行動は、いささか強引であったにしても、相撲部屋の師匠、すなわち「親」として「わが子」に無私の愛情を注ぐ、相撲界の伝統にかなったものであった。

 相撲部屋は「家族」であり、師弟は「親子」だ。

 近年、相撲部屋の親子関係の在り方も多様になってきたが、貴乃花親方は一昔前のスタイルを貫く。指導は、自らの現役時代そのままに、妥協なく、厳しい。ただし、その裏には深い愛情がある。貴ノ岩を守ろうとする一途な行動からは、そんな「親」としての、ほとばしるほどの愛情が感じられた。

 残念なのは、その愛情が日馬富士には向かなかったことだ。もしかすると、心の底には愛情があったのかもしれない。しかし、例えば、日馬富士が師匠の伊勢ケ濱親方(元横綱旭富士)とともに貴乃花部屋の宿舎に謝罪に訪れた時、話すら聞かずに車で立ち去った姿からは、愛情は伝わってこなかった。

「親」としてどういう態度をとるべきか。

 「なぜ、日馬富士に愛情を注ぐ必要があるのか?」と疑問に思われるかもしれない。

 日馬富士は貴乃花部屋の力士ではないし、加害者でもあるからだ。

 しかし、貴乃花親方は貴乃花部屋の師匠であると同時に、日本相撲協会の理事でもある。理事に求められるのは、相撲協会全体を自分の相撲部屋と同じ「家族」とし、すべての力士に「わが子」のような愛情を注ぐことだ。

 ましてや、貴乃花親方は、将来の理事長候補とも期待されていた人物だ。

 だからこそ、日馬富士にも、自分の部屋の力士と同じく「わが子」として愛情を注ぐことが求められた。

 では、「わが子」が失敗をしでかしたとき、愛情深い「親」はどんな態度をとるのか。

1/2ページ

最終更新:9/28(金) 17:36
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

963号
10月11日発売

定価590円(税込)

大谷翔平 旋風の軌跡。

【スペシャルインタビュー】 大谷翔平「激動の1年を語る」
【全米が見た二刀流】 イチロー/バーランダー