ここから本文です

再放送で話題の「東京ラブストーリー」、注目は織田・保奈美ではなく“元学園祭の女王”

9/27(木) 7:31配信

デイリー新潮

 10月8日にスタートする月9「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)で織田裕二(50)と鈴木保奈美(52)が大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」(同前)以来、27年ぶりの共演――。

 というわけでフジは、関東ローカルではあるものの「東京ラブストーリー」の再放送を始めたのだが、話題になっているのはこの2人ではないようだ。

 ***

 1991年に放送された月9「東京ラブストーリー」は平均視聴率22.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同じ)、最終回には32.3%を叩き出した大ヒットドラマ。まだ初々しさの残る鈴木保奈美のセリフ「カーンチ! セックスしよっ!」は衝撃的だった。

 だからといって、物心ついたときから携帯電話が当たり前の世代には、連絡がつかないためにすれ違いでヤキモキ……という感覚は伝わらないようだ。再放送の視聴率は2~3%という状態が続いている。

 もっとも、バラエティ業界内では、この再放送が別の意味で注目されているという。

「千堂あきほ(49)です。当時は“学園祭の女王”と呼ばれ、『東京ラブストーリー』では資産家の令嬢で、江口洋介(50)と医大の同級生役。そこに高校で一緒だった織田と有森也実(50)、さらに織田の同僚の保奈美が絡み合って……というドラマで、最終的に千堂は江口と結ばれるという役どころでしたね。彼女はその後も『愛さずにいられない』(日本テレビ系)、『振り返れば奴がいる』(フジ系)などのヒットドラマに立て続けに出演。同時に『オールナイトフジ』(同前)の司会やクイズバラエティ『マジカル頭脳パワー!!』(日テレ系)では回答者、『歌謡びんびんハウス』(テレビ朝日系)では、笑福亭鶴瓶(66)のアシスタントなどもこなしていました。ロングソバージュに肩パッド付きスーツの印象が強く、平野ノラ(39)演じるバブル時代そのもの。でも、業界内では美人で“できる子”として評価が高かった。あらためて再放送を見て『やっぱり綺麗だよなあ、頭も良かったし』という声が高まっています」(50代民放プロデューサー)

1/2ページ

最終更新:10/18(木) 15:59
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事