ここから本文です

「大事な試合」に勝ち続けて3連覇。カープは日本一で花道を飾れるか。

9/27(木) 12:46配信

Number Web

 9月26日の歓喜の優勝から、遡ること5カ月。

 快晴のゴールデンウィーク初日のマツダスタジアムは、この日も当然のように満員だった。

 いつもと違ったのは、選手たちのユニフォームに喪章が付いていたこと。4月23日に衣笠祥雄さんが亡くなってから、広島で初めて行われた試合。半旗が揚がり、黙祷が捧げられた。

 カープは初回に2点を失い、迎えた3回。四球3つで満塁となって、4番・鈴木誠也に打順が回る。誠也は昨季終盤に右足首の負傷で手術を受けた影響で、開幕から休みがちで本塁打はゼロだった。

 そんな誠也が高めに浮いたカーブを強振すると、青空に高々と上がった打球は風にも乗ってレフトスタンドの最前列に飛び込む。第1号が、逆転満塁ホームラン。試合後のお立ち台で、誠也は言った。

 「今日は衣笠さんの大事な試合だったので、本当に勝ちたかった。思い切ってフルスイングしました」

 思えば今季はカープにとって、特に「大事な試合」の多い年だった。

「タナキクマル」が崩れた!

 この試合の5回の守備でダイビングキャッチした際、丸佳浩が右足を痛めて途中交代。翌日に登録を抹消され、連続試合出場は700で途切れる。

 不動の「タナキクマル」が崩れてしまった試合で、カープに立ち込めた暗雲を振り払ったのは先発の大瀬良大地だった。

 「最後まで投げたかったですけど」と言いながら、真っすぐ主体の投球で8回途中2失点で白星。「ゾーンで勝負する」ことをテーマに掲げて、この日から7連勝を挙げて一躍エースの座に上り詰めた。

豪雨被害、新井引退……激動の1年。

 7月、広島は歴史的な豪雨に見舞われる。7月9日からの3連戦は中止となり、オールスター期間も挟んで広島からしばらく球音が消えた。

 16日ぶりにマツダスタジアムでの開催となった巨人との3連戦で、カープは劇的な3連勝を遂げる。1戦目は下水流昂が逆転サヨナラホームラン、2戦目は大瀬良と菅野智之のエース対決で打線が奮起して逆転勝ち、3戦目は最大6点差をひっくり返した。

 8月23日のヤクルト戦では、奇しくも1年前の同じ日に負傷して悔しい思いを味わった誠也がサヨナラホームラン。「神ってる」は2年前の流行語だが、まさにカープは神懸かり的に大事な試合をものにしてきた。

 そして9月5日、新井貴浩が今季限りでの引退を表明する。カープにとって、新井とともにプレーできる残りの試合はすべて「大事な試合」となった。

1/2ページ

最終更新:9/27(木) 12:46
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

963号
10月11日発売

定価590円(税込)

大谷翔平 旋風の軌跡。

【スペシャルインタビュー】 大谷翔平「激動の1年を語る」
【全米が見た二刀流】 イチロー/バーランダー