ここから本文です

投攻守のバランスがよく付け入るスキがなかった広島。牙城を崩すのは簡単でない【堀内恒夫の多事正論】

10/2(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

投攻守のバランスがよく付け入るスキがなかった広島。牙城を崩すのは簡単でない【堀内恒夫の多事正論】

広島・丸の勝負強さは特筆すべきものだ/写真=湯浅芳昭

 残り試合がまだ何試合かあるこの時期に、今年を振り返らなければならないのも情けないものだ。巨人の今シーズンだ。広島に脱帽の1年だった。と言っても、今年に限ってのことではないのだが……。

 広島は投手陣が安定して、打線も脂が乗り切った選手が多い。守りも大きな穴がない。投攻守のバランスがよく、他チームに付け入るスキを与えなかった。前半戦など、ほとんど連敗をせず、独走した。

 打線の中で特筆すべきは丸佳浩だ。勝負強さはもちろんだが、四球が多い。他球団のマークの中、決して無理をせず、後続につないでいるのがよく分かる。そして、後ろを打つ鈴木誠也の長打力。V9時代のONに匹敵する三、四番になりつつある。巨人OBとしては触れたくはないが、捕手にも差がある。會澤翼が打線の下位に座っているのも大きい。つまり、どこからでも点を取れる打線の構成になっている。

 さて、古巣・巨人の誤算だ・・・ 本文:1,300文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール