ここから本文です

「NMB48」新曲MVの舞台は「創価大学」 池田大作名誉会長もニンマリ?

10/2(火) 6:32配信

デイリー新潮

 NMB48の新曲「僕だって泣いちゃうよ」のミュージックビデオが9月25日にYouTubeで公開された。10月1日現在の再生回数は127万回と悪くないペースで、ファン目線では、卒業を発表している山本彩(25)の最後の楽曲というのが注目ポイントだとか。もっとも、別の視点からも、このMVは注目されていて……。

【画像】創価大学で撮影されたNMB48の新曲MV

 ***

“さや姉”の愛称で知られたグループのエース・山本の卒業曲ということで、「僕だって~」のMVは、彼女のこれまでの歩みを振り返る映像がところどころに挿入される構成となっている。同時に「僕だって~泣いちゃうよ~♪」のサビにあわせて披露されるのが、山本を中心に据えたパフォーマンスだ。地面と背景がカラフルに彩られた屋外で、歌って踊るNMBのメンバーたち……。画面の中央には噴水、背後にはギリシア建築を思わせる柱が並ぶ建物が確認できる。

「事前のリーク通りに、創価大学で撮影されたのは間違いないようですね」

 と明かすのは、グループのファンのひとり。

「実は9月上旬の時点で、在学生と思しき人物の『うちの大学でNMBの撮影してる』という投稿がTwitterにあり、セットの写真が勝手にアップされていたんです。その際の写真と今回公開されたビデオとで検証すると、どうやらキャンパス内の『池田記念講堂』が現場みたいです」

 東京・八王子市にある創価大学は、創価学会名誉会長の池田大作氏によって設立された。HPには〈創価教育の理念を実現するため1971年に創価大学は創立されました〉とあることからも分かるとおり、いわゆる“学会系”の大学だ。在学生=信者、というわけでは必ずしもないが、やはり多くは信者ないしその家庭の子といわれている。

 先ほど、NMBのセットを「地面と背景はカラフル」と書いたが、教団おなじみの“青・黄・赤”ではないのであしからず。建物の上部にある創価大のシンボルマークもMV内では消されており、創価色を前面に押し出している、というわけではない。

「とはいえ、卒業シングルという大事なMVで創価大が選ばれているんですよ? もしかしてさや姉は……という声はあります」(先のファン)

1/2ページ

最終更新:10/22(月) 12:25
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。