ここから本文です

「徳永有美」報ステ復帰で振り返る“女子アナ不倫35年史” 略奪婚は7人

10/2(火) 7:10配信

デイリー新潮

 10月1日の「報道ステーション」をご覧になった方は、どれくらいおられるだろうか。ご存じの通り、徳永有美アナ(43)が遂に本格復活を果たした。

 ***

 テレビ朝日の看板番組における女性キャスターという任に相応しいのか、多くの視聴者にチェックされる日々が始まる。ならば改めて、問題視されてきた徳永アナの経歴を振り返っておこう。

 石川県金沢市の出身。1975年8月生まれの43歳。98年に大妻女子大を卒業してテレ朝に入社。「やじうまワイド」(85~2002年)や「内村プロデュース」(00~05年)など、報道もバラエティもこなす女子アナとして人気を博した。01年にはテレ朝社員と結婚し、公私共に充実した日々だと思われていた。

 だが03年4月7日、スポーツニッポンが「テレ朝の徳永アナ、離婚危機!! 多忙ですれ違い…現在別居中――01年8月に結婚」と報じる。書き出しをご覧いただこう。

《テレビ朝日の情報番組「スーパーモーニング」(月~金、前8・00)などに出演している徳永有美アナウンサー(27)が離婚危機を迎えていることが6日分かった。
 01年8月に同局の【編集部註:原文実名】ディレクター(27)と結婚した徳永アナだが、関係者によると、【同】氏と住んでいた都内のマンションを約1カ月前に出て現在は別居中という》

 同紙は翌日も「テレ朝・徳永アナ、ウッチャン番組『内村プロデュース』を降板…交際原因? 離婚危機」の記事を掲載。ここで初めて内村光良(54)の名を報じる。

《離婚危機にあるテレビ朝日の徳永有美アナウンサー(27)が、レギュラーで司会を務めるバラエティー番組「内村プロデュース」(月曜、後11・15)を降板することが7日、同局から発表された。一部の芸能関係者らの間では、同番組に出演する人気お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(38)と徳永アナの親しい交際を指摘する声もあり、今回の降板劇はさまざまな憶測を呼びそうだ》

 この報道から数か月して、徳永アナは離婚を発表。2年後の05年3月に内村との結婚を発表し、4月にテレ朝も退職した。

 その後、長女と長男の子宝にも恵まれ、17年1月からはAbemaTVの「AbemaNewsチャンネル」で「けやきヒル's NEWS」のキャスターを務めた。

「テレビ界から干されていた」のか「仕事から距離を取っていた」のかは、テレ朝関係者の間でも見解は分かれる。しかし、自身のイメージに大きなダメージを与えた「夫を捨て、間男と再婚した妻」という過去に再び脚光が当てられる中、徳永アナは報道番組にレギュラー出演するわけだ。

 吉と出るか凶と出るか、まさに神のみぞ知る。少なくとも宣伝効果は抜群だった。多くのメディアが徳永アナの過去と「報道ステーション」のキャスター就任を報じた。視聴率の報道は注目を集めるだろう。

 もちろん、キャスターとしての徳永アナに“審判”を下すのは視聴者だ。つまり徳永アナの今後を占う際、過去の事例が参考になる。

 不倫が報じられた主な女子アナを表にまとめてみた。「不倫」は文字通り、相手が婚姻中の交際とした。「離婚前から交際していた疑惑」が大きく報じられた女子アナでも、報道の時点で相手の離婚が成立していれば除外した。

1/2ページ

最終更新:10/18(木) 12:45
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ