ここから本文です

カイア・ガーバー、イヴ・サンローラン・ボーテのミューズに。

10/4(木) 18:36配信

VOGUE JAPAN

カイア・ガーバー(17)がイヴ・サンローラン・ボーテの新しい顔に選ばれた。シンディ・クロフォードを母に持つカイアは、自分も大好きだという同ブランドのキャンペーン参加を非常に喜んでいるようだ。

カイア・ガーバーの写真をもっと見る。

「YSLボーテの新しい顔となることは、最高に楽しくカラフルなメイクアップの物語を紡ぐということ。このブランドのDNAが大好き。とても反動的であると同時に豪華でクールでもあるの。」

同キャンペーンでカイアは長時間輝きと潤いを保つリップスティック「ルージュ・ヴォリュプテ・シャインリップスティック」と、魔法の筆と呼ばれるベストセラー商品「ラディアント・タッチ」を含むタッチ・エクラの広告に来年1月から登場する。

ブランド側もカイア参加に喜々としており、インターナショナル・ジェネラルマネージャーのステファン・ベジー氏はこう話す。「カイアはユニークなスタイルと素晴らしい美を持ち、今その才能を開花させています。彼女は真実性と革新性を持って自分の世代が何を求めているのかを完璧に体現しているのです。ミューズそしてアンバサダーとして、YSLボーテの価値を伝えてくれるでしょう。」

これまでキャンペーンにてゾーイ・クラヴィッツ、マルーン5のアダム・レヴィーン、ホールジーなどを起用してきた同ブランドは、先週のパリ・コレクションでカイアをトリにエッフェル塔の下でランウェイを展開していた。ショーの最中カイアは感極まっていたようで、後にインスタグラムにこう綴っていた。「昨夜のサンローランの第1弾が終了。あなたたちはいつだって私の目に涙を浮かべさせる。エッフェル塔の下、水面上を歩いたことをいつまでも忘れないでしょう。永遠の家族YSL。魔法をありがとう!」

Bangshowbiz

最終更新:10/4(木) 18:36
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2018年11月号
2018年9月28日発売

700円(税込み)

エル・ファニングが表紙をカバー。企業家からファッショニスタ、ロイヤルファミリーまで「掟破り」な女性が続々登場!マドンナのスペシャルインタビューも収録。

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)