ここから本文です

保有国債の平均残存期間短期化 正常化へ、日銀の「次の一手」

10/5(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

保有国債の平均残存期間短期化 正常化へ、日銀の「次の一手」

(写真:週刊東洋経済)

<2018年10月13日号> 日本銀行は今年7月末に、YCC(イールドカーブ・コントロール)の下で目標としている、10年物国債金利の変動幅を拡大させるなどの政策変更を発表した。その最大の狙いは、長期金利の緩やかな上昇を促し、金融機関の収益環境を改善させることにあった、と考えられる。 本文:1,268文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

木内 登英 :野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト

最終更新:10/5(金) 18:00
週刊東洋経済