ここから本文です

不祥事の背景に過当競争 地銀を大再編すればマネーが動きだすはず

10/5(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

<2018年10月13日号> 村上世彰氏はアクティビスト(物言う株主)の先駆けである。以前は顧客から預かった資金を運用していたが、今は自己資金だけを運用している。また、上場企業のオーナー家には企業統治の重要性を説き、出光興産と昭和シェル石油との経営統合交渉では投資家として、統合に反対する出光家の説得にも当たった。 本文:1,226文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:10/5(金) 18:01
週刊東洋経済