ここから本文です

大田弘子 その2(全4回) 地方分権「三位一体」改革は総論賛成、各論反対の典型

10/5(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

大田弘子 その2(全4回) 地方分権「三位一体」改革は総論賛成、各論反対の典型

おおた・ひろこ●1976年一橋大学社会学部卒業。生命保険文化センター研究員などを経て2001年政策研究大学院大学教授。02~05年に内閣府に出向、06~08年に経済財政政策担当相。(撮影:今井康一)

<2018年10月13日号> 経済財政諮問会議は各省との縄張り争いの歴史だ。2002年から05年まで事務方で手伝った。財務省とはまず予算編成で争い、次に竹中平蔵・経済財政政策担当相が02年の「骨太方針」策定で「法人税の引き下げを」と切り出した。財務省以外のところで法人税引き下げを具体的に議論するのは初めてのことだった。 本文:963文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:10/5(金) 18:01
週刊東洋経済