ここから本文です

市民ランナーからプロランナーに転向する川内優輝が語る「シカゴマラソン」と「北海道への移住プラン」

10/5(金) 6:01配信

週プレNEWS

今年4月にボストンマラソンを日本男子として31年ぶりに制した川内優輝(かわうち・ゆうき/31歳、埼玉県庁)。その直後、来春のプロ転向を明言したものの、すでに出場権を手にしている来年9月の東京五輪代表選考会(マラソングランドチャンピオンシップ、以下MGC)に臨むか否かは態度保留のまま。

【画像】シカゴマラソンに出場予定の川内優輝氏

一方で、10月7日にはボストンマラソンと同じ世界6大マラソンのひとつ、シカゴマラソンに出場予定。共に参戦する大迫 傑(すぐる/27歳、ナイキ・オレゴンプロジェクト)らとの対決に注目が集まる。

市民ランナーからプロランナーに向けての準備を進める川内だが、これまで同様に日本各地の市民マラソンにも参加している。

川内はいったいどこへ向かっているのか。シカゴマラソンを約1ヵ月後に控えた9月2日、第1回「日本最北端わっかない平和マラソン」を走り終えた直後に、現状を聞いた。

――今回は終盤に急ブレーキして、過去85回のマラソンでもワーストとなる2時間24分55秒でフィニッシュ。順位も2位。何があったのですか?

川内 向かい風が強く、想像以上にキツいレースで、38kmで体が痙攣(けいれん)を起こしてしまいました。途中までは2位の選手に2分以上も差をつけていたのですが......。今年の夏は、暑さのせいもあって思うように練習できない部分もありました。ただ、プロになればこういう情けない走りはできないですし、来年もう1回来てリベンジしたいと思います。

――プロ転向に向けて、スポンサー契約などの話も多く来ていると聞きました。

川内 お話はいくつかいただいています。ただ、マラソンの場合はメジャーレースになれば、ユニフォームにスポンサーロゴは1社しかつけられないので、ロゴがつけられないかもしれないというお話をさせていただいたら、半分くらいの話が流れました(笑)。

スキーやトライアスロンの選手は、いくつもスポンサーのロゴをつけて競技に出ていますが、マラソンはそれができないんです。それに、仮にスポンサーさんの所属になれば、自由にレースを選んで出場できない可能性もあるでしょうし、それは私が望んでいない形でもあります。

なので、どこにも所属しない可能性もあるかもしれません。世界にはレースの出場給や賞金だけで活動しているランナーもいますし、ケニアやエチオピアの選手の中には、例えば無地や胸に国旗だけ入れて走っている選手もいます。私はそういうプロランナーもカッコいいかなと思いますけどね。

1/2ページ

最終更新:10/5(金) 6:01
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.52
12月10日(月)発売

定価400円(税込)

走行距離課税? ふざけんな!/ゴーン逮捕
で「自動車業界大再編」に危険/M―1グラ
ンプリ2018大総括【グラビア】脇田穂乃
香/井上小百合/水沢柚乃/藤木由貴 他

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ