ここから本文です

若々しく見せる眉メイク ポイントは「太め&短め」

10/5(金) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 「スマホの見すぎは老け見えの原因 5歳若返る美眉テク」 では、老け眉の2大原因である眉まわりの凝りと加齢による変化をお伝えしました。眉の凝りをほぐしとツボ押しのケアが済んだら、次はメイクで若見え眉を作る方法をご紹介しましょう。

【関連画像】眉尻の長さをチェック 眉尻は口角と目尻の延長線上にあるとバランスがいい。

 美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんによれば、今の30代以降の女性は、眉を細く描きすぎているケースが多いという。「細い眉は上品に見えるが、細くしすぎると上のNG写真のように顔全体が間延びして、老けて見えやすくなる」(玉村さん)。

 若々しく見える眉メイクのポイントは「太め&短め」。「眉頭と眉尻が平行になるように描くことで、ぐんと垢抜けた“大人可愛い”印象になる」(玉村さん)。

 なお、眉メイクはペンシルとパウダーの両方を用意したい。「眉尻はペンシル、その他の部分はパウダーというように使い分けたほうが、効率よくきれいに仕上がる」(玉村さん)。

 はみ出したりした場合は「綿棒の先で不要な部分を削って整えればOK」(玉村さん)。

●太さと長さを変えるだけで若返る

◆【NG】細く長い眉→老けて見えやすい
眉のラインが細く、長すぎると老けて見える原因に。また、眉の角度が急だと攻撃的な印象にもなりやすい。

◆【OK】太く短い眉→ぐっと締まって若返る
眉を太く、短めにすると表情がキリッとし、顔全体がぐっと引き締まる。健康的で若々しい印象に。

●若見え美眉に仕上げるテクニック

【1】眉山から眉尻をペンシルで描く
アイブロウペンシルで、眉山から眉尻に向かって少しずつ細くなるように、ラインを描く。

【2】眉山下を描き足して眉に太さを出す
眉に太さを出すため、眉山の下をペンシルで描き足していく。

【3】眉尻の長さをチェック
眉尻は口角と目尻の延長線上にあるとバランスがいい。長すぎるなら綿棒で消して調整しよう。

【4】眉の中にパウダーをのせる
パウダーをとったブラシを左右に細かく動かしながら、眉の中の毛と毛のすき間を埋めていく。

【5】眉頭の上にパウダーを足す
眉頭の上をパウダーで描き足し、眉に太さを出す。

【6】スクリューブラシでぼかす
仕上げにスクリューブラシで鼻のほうに2、3回ぼかすとより自然な仕上がりに。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2018年11月号

価格:700円(税込)

美姿勢!下腹凹む! 女の体幹リセット
がん検診の正しい受け方
ずぼらヨガ&ずぼらダイエット

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事