ここから本文です

武藤嘉紀に英メディアが最高タイ評価 待望のプレミア初得点で「自らの正当性を証明」

10/7(日) 9:50配信

Football ZONE web

敵地マンU戦で初先発初ゴールも…チームは痛恨の3連続失点で大逆転負け

 ニューカッスルの日本代表FW武藤嘉紀が、強豪マンチェスター・ユナイテッド相手にプレミアリーグ初先発を飾り、初ゴールまで奪った。その活躍に、地元メディアもチームトップタイ評価を与えた。

【動画】鋭い反転から左足一閃の「美しいフィニッシュ」 ニューカッスル武藤嘉紀が待望のプレミア初ゴール

 敵地オールド・トラッフォードでのプレミアリーグ第8節、試合前の会見でラファエル・ベニテス監督から先発起用をほのめかされていた武藤はその言葉通り、敵地での一戦でスタメンに名を連ねた。前半7分にブラジル人MFケネディのゴールで先制してからわずか3分後、ついに待望の瞬間が訪れた。

 右サイドからのクロスボールをゴール前で受けた武藤はボールをキープし、素早く反転しながら左足でシュート。スペイン代表の名手GKダビド・デ・ヘアが守るゴールに強烈なシュートを突き刺し、チームのリードを2点に広げた。

 データ会社「オプタ」によれば、ユナイテッドが本拠地オールド・トラッフォードで前半10分までに2失点したのはプレミアリーグで初めてだったという。ニューカッスルは終盤に3失点して大逆転負けを喫したが、武藤の一撃は“赤い悪魔”を追い詰めた。

 そして、その活躍はやはり好印象を残していた。英地元メディア「クロニクル・ライブ」の採点では、GKマルティン・デゥブラフカと先制点のケネディに並ぶ「8点」と高評価となっている。

「彼は自らの正当性を証明したようだ。美しいフィニッシュでリードを奪い、素晴らしいヘディングで2点目も決められそうだった。グラウンドを駆け回った」

 持ち前のフィジカル能力の高さと得点感覚を遺憾なく発揮し、指揮官の期待に応えた武藤。チームはいまだ勝利がない状況だが、この試合でのゴールが前線のポジション争いにも影響を及ぼすことになるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/7(日) 9:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事