ここから本文です

国立がん研究センターだけで稼働中の「すい臓がん」狙撃マシーン 今後の課題は

10/7(日) 5:57配信

デイリー新潮

 がんを抑え込む方法は数あれど、放射線療法は化学療法と並びメジャーな治療法のひとつ。中でも国立がん研究センター中央病院(東京)は、日本で初めて導入した最新機器を使い、難治がん患者に対して成果をあげている。挑む相手はすい臓がん。死亡率が増加の一途で「がんの王様」と呼ばれる強敵を、この狙撃マシーンはどう迎え撃つのか。

 医療技術の進歩で、がんの死亡率は徐々に減少している。そんな傾向に逆らうかのように、増加の一途を辿るのがすい臓がんである。

 日本人の“三大がん”と呼ばれる「肺がん」「大腸がん」「胃がん」に迫る勢いで、死亡者数は女性では胃がんを抜いて3位、男性は5位。「がんの王様」と恐れられるのは、死亡者数のみならず、10年生存率が5%と極端に低いことに由来する。

 記憶に新しいところでは、今年1月に亡くなった“プロ野球界の闘将”星野仙一氏や元横綱・千代の富士の九重親方も、発見から1年半以内で命を落とした。重篤化するまで自覚症状がほとんどないのが理由である。

「私どもの病院に来る患者さんは、約7割の方が近くの臓器に転移しています」

 とは、国立がん研究センター中央病院放射線治療科長の伊丹純氏だ。

「すい臓には血管やリンパ管が集中しているため、それらを通じて肝臓や胆のう、十二指腸、肺などに転移しやすい。治療の対象になるのは、がんがすい臓にとどまっている方に限られますが、それでも治癒に向かうのは、対象患者のわずか5%に過ぎません」

 せっかく手術で患部を切除しても、がんはすい臓に絡みつく血管にすぐ食いつき転移してしまう。おまけに太い血管なら簡単に手術できない。そんなジレンマを医者は抱えている。

すい臓がんを根治

 そこで、昨年5月にがん研究センターは本邦初、米国のビューレイ社が開発した最新の放射線治療装置「メリディアン」を導入した。放射線をビームのように、局所的に患部へ照射することで、がんの増殖を抑え込む試みを始めたのである。

「すい臓は呼吸のたびに2センチほど上下運動をしていて、それに伴い照射する腫瘍の部分も動いてしまう。脳腫瘍のように頭部なら、動くこともなく容易ですが、すい臓は特定の部位へ正確に照射するのが至難の業なのです。すぐ近くにある十二指腸は放射線に弱く、絶えず蠕動(ぜんどう)運動をしているので、すい臓と重なれば放射線で穴が開く。ですから、これまでは腸への影響がない程度の線量しか使えず、十分な治療ができませんでした」(同)

 そうした治療現場を、「メリディアン」が一変させたと伊丹氏は続ける。

「3次元画像で、患部と周辺臓器の様子を同時に捕捉して、ピンポイントで放射線を当てることができるようになりました。ターゲットの部位をモニター上でマーキングして自動照射しますが、途中で十二指腸が動き放射線が当たりそうになったら、一旦照射を止めます」

 つまり、従来の放射線治療が、闇夜に目視で敵に銃を乱射していたとするなら、「メリディアン」は、暗視スコープを付けたスナイパーが、正確に標的の心臓にロックオンし狙撃してくれるのだ。

 確実に効果は出ていて、

「ステージIIIの患者さんに5回照射した結果、7カ月の間にがんの増殖を完全に封じ込めることに成功しました。協力関係にあるオランダのアムステルダムにある病院では、同じくステージIIIの42症例すべてに改善が見られた。抗がん剤との混合治療が可能になれば、すい臓がんを根治できる可能性もあります」(同)

 まさにがん患者にとっての救世主と言えるが、まだ全世界でも16施設にしか置かれておらず、日本で本格的に稼働しているのはがん研究センターだけ。基本は保険の利かない自由診療扱いだったが、この7月に厚労省が特例で保険診療を認める通知を出したという。

 改めて、同病院放射線治療科病棟医長の井垣浩氏が解説する。

「自由診療ですと、1連5回の照射で200万円ほどの費用がかかります。患者さんは会社経営者など、いわゆる富裕層の方が大半でしたが、保険適用になると、治療費用は通常の放射線治療と同じ扱いになります。具体的には、トータルで20万円ほどの金額で済む計算です」

 むろん、機器も1台しかなくすべての患者を受け入れるのは難しいのが現状で、

「本音を言ってしまうと、通常の放射線治療の保険点数では安すぎるのも課題です。やはり機械も高額ですから、もう少し適切な保険点数にして貰わないと、一般の病院には普及しない恐れがあります。実際、興味はあっても二の足を踏んでいる医療機関は多い。まずは我々が実績をあげて、適切な保険点数に上げて貰えるよう、臨床試験を続けたいと考えています」(同)

 がんを撃退する一筋の光が、患者たちの未来を明るく照らし始めている。

「週刊新潮」2018年10月4日号 掲載

新潮社

最終更新:10/7(日) 5:57
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)