ここから本文です

今夏の移籍マーケットを賑わせたプレミア昇格3チームの可能性

10/9(火) 20:49配信 有料

SOCCER DIGEST Web

驚きは“ビッグ6”以外のクラブによる巨額の出費だ。
今夏の移籍マーケットを賑わせたプレミア昇格3チームの可能性

メガクラブも狙っていたセリ(右)やマンUの逸材フォス=メンサー(左)など11人の新戦力を獲得したフルアムは、この大型補強を結果に繋げられられるのか。(C)Getty Images

 異変と言っていい。今夏の移籍市場に投じた金額のランク上位に、常連ではないクラブが含まれている。なかでも目立っているのがプレミアリーグに戻ってきたフルアムだ。強化という側面から昇格3チームの可能性を探る。(文:オリバー・ケイ/訳:井川洋一 2018年9月6日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載)

―――◆―――◆―――

 今夏の移籍にいくら支出したか――。プレミアリーグ勢のそのランキングは、あなたを驚かせるかもしれない。

 首位はリバプールで、4選手の獲得――ASローマからアリソン、RBライプツィヒからナビ・ケイタ、ASモナコからファビーニョ、ストーク・シティからジェルダン・シャキリ――に1億7700万ポンド(約256億6650万円。1ポンド=145円で換算)を投じている。

 2位はチェルシーで、アスレティック・ビルバオ 本文:4,967文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:10/9(火) 20:49
SOCCER DIGEST Web