ここから本文です

前澤友作の「金脈」と「人脈」 女優と自家用ジェット。資産5000億円経営者インタビュー【全文公開】

10/9(火) 17:00配信 有料

文春オンライン

前澤友作の「金脈」と「人脈」 女優と自家用ジェット。資産5000億円経営者インタビュー【全文公開】

前澤友作

 高度経済成長を経て日本社会が泡沫の景気を追い求め始めた頃、高校生で株を始めた中江滋樹が、証券界に颯爽とデビューした。その兜町の風雲児が、金融業者と直談判している姿を何度か見かけたことがある。よれよれのTシャツに髭面、足元は草履履き――。そんなバブル時代の光景をふと思い出してしまった。

 青山通りに面したスタートトゥデイ東京オフィスの重そうなドアが開くと、円形の大きなテーブルに腰かけ、スマホをいじっている前澤友作(42)が、遠くに見えた。そこは透明なガラスで囲まれた半球の空間で、そばの広報担当者に聞くと、会議室なのだそうだ。まるでアニメに登場しそうなそんな異空間に案内され、名刺を交わした無精ひげの前澤の足元を見ると、ビーチサンダルを履いていた。

 衣料通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する前澤は、この10月1日をもって社名をスタートトゥデイから「ZOZO」に変更する。東証一部に上場した株式の時価総額は昨年、念願の一兆円を突破し、前澤は5000億円を超える個人資産を持つ事業家として、さまざまに話題を振りまいてきた。

〈満員電車に揺られている会社員の姿が、切なく見えてしまったのです。周りを見るとみんな寡黙で暗い表情でした。1時間半の通学時間がとても無駄のように思えてしまいました〉

 7年前の2011年10月、日本経済新聞夕刊の「人間発見 笑顔と平和を通販で」という連載記事の中で本人が起業を思い立った端緒について、そう振り返っている。千葉の自宅から東京・国分寺市の早稲田実業高校に通っていた前澤は、サラリーマンの通勤風景に接するうち、将来に対する疑問を抱いたと述懐した。

 そこから学校をさぼってアルバイト生活に明け暮れ、ミュージシャンの道を目指したという。高校卒業と同時に渡米し、帰国後、ライブ活動のかたわら、レコードやCD販売を始めてひと儲けした。そこからアパレル分野のインターネット通販で大成功をおさめる。伝えられる本人の半生をざっと紹介すれば、そうなる。絵に描いたような立身出世物語である。 本文:12,343文字 写真:5枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

森 功/文藝春秋 2018年10月号

最終更新:10/9(火) 17:00
記事提供期間:2018/10/9(火)~2019/6/6(木)
文春オンライン

Yahoo!ニュースからのお知らせ