ここから本文です

全番組降板の阿部哲子アナ、W不倫・体調不良の真相を語った

10/10(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 あまりに突然の発表に、関係者、そして視聴者はざわついた。フリーアナウンサーでタレントの阿部哲子アナ(39才)が、9月末で出演する『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)、『バラいろダンディ』、『田村淳の訊きたい放題』(共にTOKYO MX)をすべて降板したのだ。これで、レギュラー番組はゼロになる。

【写真】不倫発覚後の阿部アナの姿をキャッチ!

「阿部アナは安定したアナウンス力と機転の利く頭のよさを兼ね備えています。フジでは梅沢さんのお目付役をうまくこなしていましたし、MXには金曜と日曜以外は毎日出演し“MXの女王”と呼ばれていたほど。降板理由は体調不良と発表されていますが、今後、他局での起用も増えていくと目されていただけに、何があったのか心配です」(テレビ局関係者)

 阿部アナは横浜国立大学を卒業後、2001年に日本テレビにアナウンサーとして入社。同期には西尾由佳理アナ(41才)らがいる。2006年にTBSの報道記者と結婚し、2007年に退社。その後出産を経てフリーアナウンサーとして復帰し、徐々に露出を増やしてきた。その最中の2017年には離婚も経験している。

「体調不良の原因は、ある“投書”でした。8月頃から番組関係者に、次々と阿部さんに関する文書が送られるようになったのです。内容は、阿部さんが妻子ある男性と不倫関係にあったことを怒りとともに告発するものでした。そこには、阿部さんの降板を求める記述もありました。送り主は、その不倫相手であるAさんの奥さんです」(別のテレビ局関係者)

 Aさんとは、IT業界では知る人ぞ知る存在だ。大手IT企業の役員を務めたほか、将来有望なベンチャー企業にも参画するなど、フットワークの軽さにも定評がある。Aさんの妻によるとAさんと阿部アナは2015年から不倫関係にあったようだというが、この関係をAさんの妻が知ったのは、彼の早すぎる他界後だった。Aさんは1年半近くに及んだ闘病を経て、今年5月に50代で亡くなっている。

1/3ページ

最終更新:10/11(木) 17:17
NEWS ポストセブン

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ