ここから本文です

バイエルンで不遇のハメス、ユベントス移籍浮上 78億円で代理人売り込みと独紙報道

10/10(水) 14:13配信

Football ZONE web

コバチ監督の信頼得られず今季スタメンは4試合のみ C・ロナウドが共闘望む?

 ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍で加入しているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、冬の移籍市場で新天地を探して代理人が奔走しているという。ドイツ紙「ビルト」などが報じている。

【動画】「信じられない!」「クラックレベル」と海外メディア称賛 バイエルン守護神ノイアーの“空手キッククリア”

 ハメスはレアル・マドリードから2年間の期限付き移籍でバイエルンに加入して2年目となる。今季終了時にバイエルンが望んだ場合は、4200万ユーロ(約55億円)での買い取りオプションが設定されている。しかし、今季から指揮を執るロベルト・コバチ監督との相性が良くないとされ、実際にスタメン出場も4試合にとどまっている。

 ハメスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏はコバチ監督を批判し、すでにバイエルンのウリ・ヘーネス会長とカール・ハインツ・ルンメニゲCEOに対して、冬の移籍市場で新天地を求める場合はアシストすることを要求したという。そして、そのなかで有力になっているのがイタリア王者ユベントスへの売り込みだという。

 以前も、今季からユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ハメスとの共闘を望んでクラブに進言したというイタリアメディアの報道があった。代理人のメンデス氏はロナウドも顧客として抱えているだけに、そのあたりのコミュニケーションには事欠かないと見られる。すでにメンデス氏は、ユベントスに対してレアルとバイエルンの双方を納得させる条件として、6000万ユーロ(約78億円)での獲得を持ちかけているという。

代理人メンデス氏はディ・マリアをユベントスに売り込み中との噂も

 ユベントスは現状、ロナウドに加えてアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ、イタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキらがスタメンに並ぶことが多く、中盤はボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチを中心に層が厚い。ハメスを獲得するとなった場合、マッシミリアーノ・アッレグリ監督に有力な選択肢を与えるものの、スタメン確定とまでは言えないほどのラインナップであるのは事実だ。

 果たしてハメスは1月の移籍市場でバイエルンを出て新天地を求めるのか。先日には顧客であるアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアをユベントスに売り込んでいるともされたメンデス氏は、ロナウド移籍を契機にユベントスとの関係を深めている模様だ。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/10(水) 14:55
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ