ここから本文です

注目店続々オープン!福岡の新店&郊外のうどん酒場6選

10/11(木) 19:00配信

東京ウォーカー

進化を続ける「うどん酒場」は、麺やダシにこだわり、一品料理も専門店顔負け。福岡市内の新店と北九州、久留米のハズせない店をご紹介。

【写真特集】定番から変り種まで!福岡のおいしい“肉うどん”コレクション40杯

■ モチモチの手打ち麺と博多名物がそろう「博多うどん居酒屋 泰吉」

糸島産小麦100%の手打ち麺は、博多らしい程よい弾力とコシが魅力。毎月変わる季節限定うどんなど、創作系も多彩にそろう。16:00からは一品料理や水炊き、モツ鍋も登場。低温調理のレバ刺しなど、素材を生かす料理が自慢。

高級バターを使った「釜たま明太カルピスバター」(680円)は、濃厚な糸島「つまんでご卵」と博多明太子の塩気が絶妙に絡む。

黒毛和牛の小腸を贅沢に使用した「もつ味噌ちゃんぽんうどん」(900円)は、モツと野菜の旨味が溶けたスープも旨い。辛さの調整もできる。

「博多ゴマサバ」(大1200円)は、自家製のゴマダレを好きな量絡めて食べよう。

[博多うどん居酒屋 泰吉(たいきち)]福岡県福岡市博多区祇園町4-58 / 092-292-4331 / 11:00~翌1:00(LO24:30)、ランチ~16:00 / 日曜(祝日の場合翌日)休み

■ 白磁のような美人麺と自慢のモツ鍋「能古うどん 天神ビル店」

長尾に本店を構える人気店が天神に進出。厳選した小麦粉と軟水、赤穂の塩のみを使い「古式切り麦製法」で作る独自の麺は、細くたおやか。16:00から登場する酒類やつまみ、締めのうどんが食べ放題となるモツ鍋も見逃せない。

木桶で供する名物「たらいうどん」(464円)。2度熟成させた麺は、喉越しも食感も抜群。3品のアテに生ビール1杯が付く「ほろ酔いセット」(734円)も好評だ。

[能古うどん 天神ビル店]福岡県福岡市中央区天神2-12-1 天神ビルB1 / 092-791-2850 / 11:00~22:00(モツ鍋LO21:00、LO21:30) / なし

■ 絶品ダシを生かしたメニューがめじろ押し「うどん居酒屋 粋 六本松店」

17年4月に開業。昼夜共にお得なセットが並び、17:00からはダシを生かす一品や本店とは異なる限定メニューなどを味わえる。羅臼昆布や長崎のカタクチイワシ、4種の節でとるダシは、力強い旨味と上品なあと味が格別。

「ごぼう天」(昼594円、夜637円)は弾力のあるやや細めの麺と、揚げたてのゴボウ天がよく合う。「鶏のスパイシー揚げ」(518円)。「生ビール」(写真手前右・615円)のほか日本酒やサワーも充実する。

[うどん居酒屋 粋(すい) 六本松店]福岡県福岡市中央区六本松4-2-6 MJR六本松1階 / 092-707-2017 / 11:00~16:00(LO15:00)、17:00~23:00(LO22:15)、日曜・祝日11:00~21:00(LO20:15) / 無休

■ 駅近でサクッとうどん呑み「とまらないうどん愛 もっちもち ごんた 小倉駅南口店」

製麺所「ITSUKI」が手がけるうどん酒場。創作うどんからミニうどんが付く定食など、メニューはバラエティ豊か。夜は「モツ鍋」(480円・注文は2人前~)を筆頭に、180円から400円台のつまみが並び、気軽なちょい呑みを楽しめる。

明太子と半熟卵が国産小麦で作るモチモチの麺に絡む、「めん玉うどん」(750円)や、自家製タルタルを添える「黄金チキン南蛮」(450円)のほか、サワーやハイボールなど酒類も充実する。

[とまらないうどん愛 もっちもち ごんた 小倉駅南口店]福岡県北九州市小倉北区魚町1-6-13 / 093-953-6642 / 11:00~15:00、17:00~24:00(LO23:30)、土曜・日曜・祝日11:00~24:00(LO23:30) / 無休

■ うどん好きも日本酒好きも満足「udon & sakaba よっとこ」

和食ひと筋で唎酒師の資格をもつ店主が営む。カツオ、昆布、煮干しなどでとる芳醇なダシが評判で、「かに玉あんかけ」といった個性が光るうどんも評判。久留米魚市場などから直送の鮮魚や酒肴、全国の銘酒と共に味わいたい。

豆板醤の辛味がクセになる「醤辛うどん」(680円)と、衣に紅生姜を混ぜた「豚フィレ肉の紅天ぷら」(620円)。「鍋島」や「美丈夫」など約10種並ぶ日本酒は1杯500円均一となっている。

[udon & sakaba よっとこ]福岡県久留米市通町5-19 / 0942-34-8664 / 18:00~24:00(LO23:00) / 日曜休み、不定休

■ 地産食材をふんだんに!うどんも料理も本格派「麺-BAR-KOMOAN」

17年5月に移転し一新。北海道と福岡県産小麦で自家製造する讃岐麺や昆布・サバ節など7素材からとるダシ、八幡「ごとう醤油」の醤油で作る返しなど、手作りと地産が信条。市場直送鮮魚をはじめ、和食店顔負けの一品も多彩だ。

かしわ天、ちくわ天、煮卵天を盛る「元喜盛りぶっかけ」(972円)、「牛サガリステーキ」(250g1501円)ほか、山口や沖縄の地ビール(756円~)もそろう。

[ 麺-BAR-KOMOAN(メン バル コモアン)]福岡県北九州市若松区高須南1-1-37 / 093-741-5746 / 11:00~15:00(LO14:30)、17:30~23:00(うどん・天ぷらLO21:30、料理・ドリンクLO22:30) / 日曜・祝日休み (九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

最終更新:10/11(木) 19:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

“おけいこ”で自分を変える!
高杉真宙インタビュー
進化系餃子10選
夏の神楽坂デート