ここから本文です

家族が語る、安藤サクラ「異次元の能力」開化教育

10/12(金) 6:02配信

女性自身

10月1日にスタートした、NHK連続ドラマ小説『まんぷく』。朝ドラ99作目にして、初めて育児をしながら撮影に挑むヒロインとなった、女優の安藤サクラさん(32)。インスタントラーメンを生み出した夫婦の物語を、明るく逞しく演じている。

【写真】柄本佑 安藤サクラ 今も手つなぎで歩く

21歳で父・奥田瑛二さん(68)が監督した映画『風の外側』でデビューしたサクラさんは、数々の女優賞に輝き「異次元の能力の女優」との呼び声も高い。今年5月、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督作品『万引き家族』では主演を務め、その演技は、審査委員長ケイト・ブランシェットに絶賛された。

姉の桃子さん(36)は、気鋭の映画監督。'10年『カケラ』で監督デビューし、自身の小説を映画化した『0.5ミリ』('14年)で、数々の映画賞を受賞した。現在は、『0.5ミリ』の撮影地だった高知市に移住。昨年10月、映画館「ウィークエンドキネマM」を開館し、舞台や映画製作などを学ぶ「桃子塾」を開くなど、高知を拠点に活動の幅を広げている。

映画監督と女優の姉妹。2人の天才を生み出した安藤家。2人の母でエッセイストの安藤和津さん(70)は、感受性を育むことをいちばんに考え、子どもの目線になって娘たちに接したという。

「知識は後からでも学べる。それよりも、ものを感じる力をつけることが大事だと思っていました」

ユニークなのは、桃子さんと4歳違いでサクラさんが生まれたときのことだ。

「桃子の立場で、妹ができるとはどういうことなのか考えると、手放しでうれしいわけではないでしょ? お父さんもお母さんも赤ちゃんに取られちゃう。皆からプレゼントをもらうのは、生まれてくる赤ちゃんばっかりだし」

そこで、和津さんはお祝いをくれる人たちに、「大変、申し訳ないですが、桃子に『お姉ちゃんになって、おめでとう』のプレゼントか、妹とのペアのものをいただけたら、すごくありがたいです」とお願いした。

“お姉ちゃんになって、おめでとう”のお祝いの効果は絶大だった。

「これがたぶん桃子のサクラへの限りない愛の発端だったような気がする。桃子もまだ4歳だったから『なんで妹ばっかり』ってなったら面白くないじゃない」

1/2ページ

最終更新:10/12(金) 7:22
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2849合併号・12月18日発売
毎週火曜日発売

特別定価450円(税込)

吉田羊 英国留学で女優休業へ!
吉田羊 年明け独立へ最終調整…
大谷翔平 夜景でもてなした美女の正体

あなたにおすすめの記事