ここから本文です

子作りにもうオスはいらない? ネズミの同性ペアの生殖に成功

10/12(金) 15:13配信

ニューズウィーク日本版

<中国の研究チームがネズミのメス同士の生殖に成功。人間の同性カップルも子供が持てる日はくるか>

最新の遺伝子編集技術を使って、中国科学院の研究チームが、2匹のメスのネズミから採取したDNAを使って健康で生存能力のあるマウスの子供を作ることに成功した。オスの精子やDNAは使われていない。

老化しない唯一の哺乳類、ハダカデバネズミ「発見」の意味

幹細胞医療の専門誌「セル・ステム・セル」に発表された論文によると、研究チームは2匹のオスからも子供を作ったが、2~3日しか生きられなかった。この研究の趣旨は、哺乳類ではなぜこれほど同性だけの生殖が難しく、その障害をいかに克服できるか、という点にある。

「動物には無性生殖(単独で生殖)、単為生殖(同性だけの生殖)、有性生殖(2つの個体間での生殖)の3種類の生殖モデルがあるが、哺乳類は有性生殖しかできない」と、研究ジョウ・チーは本誌の取材に語った。「なぜなのか? その疑問に関心を抱いた」

爬虫類、両生類、魚類など他の生物では単為生殖が可能なのに、哺乳類はこの能力を持たない。研究施設内の繁殖技術を用いても、達成するのは非常に困難だ。

「哺乳類の生殖は、オスとメスの両性から精子と卵子を通じて、異なりかつ相互補完する遺伝子コードを受け取ることが前提になっている」と、メルボルン大学幹細胞システムセンターのメーガン・ムンシー副所長は述べている。「このプロセスはインプリンティング(刷り込み)と呼ばれ、哺乳類の精子と卵子に組み込まれている」

結果として、両親から遺伝子情報を受け取らなかった哺乳類の子供は、成長異常を起こす。死ぬ場合もある。

しかし今回、中国の研究チームは、ネズミの胚性幹細胞(ES細胞)を使ってメスの遺伝子だけから子供の生成に成功した。一方のES細胞から雌の特徴を消して卵子に入れるなどして、健康な子を誕生させた。

生まれたのは健康な子供のネズミが29匹。それが成長してまた自分たちの子供も作ることができた。しかしこの生殖プロセスは効率が悪く、210のES細胞から1つの子供が生成できるという非常に低い確率だった。

新たな生殖の試みは全くの初期段階だが、多くの重要な意義があると専門家は語る。人間の遺伝子異常への理解を深めたり、研究に最適な実験動物を製造したり、または絶滅危惧生物のクローン生成などへの道が開ける。

アデレード大学のロバート・ノーマン教授(生殖・妊娠医療)によると、今回の単為生殖技術は、将来的に人間の同性カップルにも応用できるかもしれない。しかし、こうした医療が実現するまでには多くの実務的、技術的、倫理的な障害を克服しなければならない。

「最初の困難は、男女のカップルから人工的に生成された精子と卵子から子供を作ることだ」と、ノーマンは声明で述べている。「子宮に移植されず、実験的に生成された胎児から子供を作る試みには、倫理的な許可が与えられていない」
メルボルン大学のムンシーも同意見だ。

「今回の発見で生殖医療への理解は深まったが、マウスなど哺乳類の同性カップルから子供を作るのが極めて難しいことに変わりはない。成長異常や合併症などを回避するためにはかなりの技術の向上が必要となる」と述べている。

「今回の論文は、生物の成長と遺伝をどう操作するか、その技術がどこまで進んでいるかを理解するには、タイミングの良いものだ。しかし同時に、これだけ初期レベルの研究でも、社会に及ぼす影響を議論する必要があることを逆に想起させられた。こうした技術がもし必要だというのなら、どのような状況で、誰に対して適用されるべきか、慎重に議論しなければならない」

アリストス・ジョージャウ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-10・23号
10/16発売

460円(税込)

【特集】日本人がまだ知らないウイグル弾圧
中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか