ここから本文です

エリアトラウトの釣果が変わる!?スピニングリールのハンドル選び〈管理釣り場〉

10/12(金) 15:23配信

釣りPLUS

トラウトの管理釣り場「エリアフィッシング」では、リールのハンドルも釣果に影響する重要な要素のひとつ。トーナメント(試合)を戦うエキスパートたちがこだわるスピニングリールのハンドルの選び方を、“エリアトラウトの絶対王者“とも呼ばれる伊藤雄大氏に自ら解説してもらった。

──────────

リールハンドルカスタムはエリアフィッシングで重要なポイント

秋の気配が濃くなってくると、エリア(トラウト管理釣り場)フィッシングもいよいよトーナメントシーズンに突入する。トラウトの繊細なバイトをいかに捉え、釣果に結び付けていくかがエリアフィッシングでは重要となるが、そこでキーとなるアイテムのひとつとして“リールのハンドル“が挙げられる。

こだわりのエリアアングラー達は、皆こぞってハンドルをカスタムして釣果を伸ばしている。しかし、釣具店に並んでいる様々なカスタムハンドルを見ても、一体どれを選んだらよいのか、疑問に思う方も多いことだろう。今回は私なりのスピニングリールのハンドル選びの基準と、実際にトーナメントで使用しているタックルのセッティングを紹介したい。

〈伊藤雄大(いとう・ゆうだい)/ノリーズプロスタッフ、バリバス、パズデザイン、オフィスZPIフィールドテスター。トラウトのエリアトーナメントではドットコム/トラキンという二大大会の最多勝記録を保持し、両大会の年間総合優勝によるグランドスラム達成した唯一のアングラーとして、絶対王者の異名を持つ。ソルトゲームにも精通し、エリアフィッシングで培ったパターンの構築術で様々なターゲットを追いかけ続けている〉

リールハンドルに求める要素とは?

私がハンドルに求める3大要素は「剛性」、「軽さ」、「ビジュアル」だ。

【剛性】まず剛性だが、バイトを感じた瞬間にハンドルを巻いてフッキングする、いわゆる巻きアワセを多用するエリアフィッシングではこれが重要だ。ハンドルを巻く力を効率よくフックポイントに伝えられるかが、フッキングの成否を左右する。

【重量の軽さ】軽量であることも重要な要素のひとつ。ハンドルをいかにムラなく回し、一定にリトリーブできるかがバイト数に直結する。軽量ハンドルは一回転中の“上りと下り“の差が出にくいため巻きやすい。

【ビジュアル】趣味の道具としても、プライドを賭けて競い合うトーナメントシーンでモチベーションを保つためにも、ビジュアル面の完成度は欠かせない。複数タックルで、ハンドルカラーを揃えて統一感を出すのもよいし、用途ごとにカラーを変え、とっさに手に取れるようにして釣りの効率を上げるのもおすすめだ。

以上の3大要素を満たしているかが、絶対条件となる。

1/3ページ

最終更新:10/12(金) 15:23
釣りPLUS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

釣りPLUS

内外出版社

ルアーマガジン9月号
7月26日発売

特別定価840円(税込)

総力特集・新・カバーの解法
並木敏成、青木大介、木村建太、伊藤巧他
陸王第2戦:青木大介vs松本幸雄
ふろく動画:木村建太フロッグ