ここから本文です

【年間事故じつに70件超!】なぜ?? 自動ブレーキが作動せず事故の代表例 6選

10/12(金) 17:02配信

ベストカーWeb

 2012年頃から衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)が搭載されたクルマの普及はうなぎ登りで、2016年に発売された新車の66.2%に衝突被害軽減ブレーキが搭載されている、とのこと。

 衝突被害軽減ブレーキによって追突事故が7~8割減少したというデータも公表され、国も「サポカー・サポカーS」などと愛称をつけ、衝突被害軽減ブレーキ搭載車の購入を促している。

 しかし2018年4月、当の国土交通省(以下国交省)から、自動ブレーキに関して「シチュエーションによっては、作動しない恐れがある」との注意喚起が出されたから驚いた。

 しかも、そのシチュエーションを再現して、実際にテストした啓発ビデオまで公開されたのである。

 国交省によると、2017年にユーザーから寄せられた「衝突被害軽減ブレーキに関する不具合」で、事故に至ったケースが82件発生していたという。

※本稿は2018年5月のものです
※国土交通省より……本テストは衝突被害軽減ブレーキが補助機能であることを理解してもらうために任意の車両を用いて撮影。検証した撮影車両の現象は撮影のために発生させたものであり、撮影車両に特定して発生するものではありません
文:国沢光宏、松田秀士、ベストカー編集部/映像・写真:国土交通省、Adobe Stock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年6月26日号

■自動ブレーキの動作条件

 今回国交省が公開した動画では、事故に至った82件のうち「ブレーキが作動しなかったシチュエーション」72件の一部を再現している。条件としては『スピード』『路面』『周囲』の3つだ。

 衝突被害軽減ブレーキは、レーダーやカメラからの情報をコンピュータが自動で認識しブレーキを作動させクルマを減速させるが、再現ビデオではその情報を正しく認識できない、もしくは正しく認識はしているが、外的要因によって本来の性能が発揮できないケースがあることを検証している。

 JNCAP(自動車アセスメント)のテストで高評価を獲得しているセレナ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)やレヴォーグ(アイサイトVer3)でも、条件によってはダミーに衝突している。

(TEXT/ベストカーweb)

1/5ページ

最終更新:10/12(金) 17:02
ベストカーWeb