ここから本文です

賀来賢人、俳優として焦り葛藤していた時期も 結婚したことで変わった思い

10/12(金) 11:00配信

週刊女性PRIME

「お話をいただいたときは、29歳で高校生役はキツイなって(笑)」

 ’90年代に人気を集めた、伝説のヤンキーギャグ漫画『今日から俺は!!』のドラマ版で主演を務める賀来賢人(29)。

【写真】ヤンキー高校生役に挑戦した賀来賢人はこちら

無駄なことは何ひとつなかった

「でも今回演じる昭和のヤンキーは老け顔が多かったイメージなので、自分でもいけるかなとポジティブに考えました。

 実際、現場に入ってみたら自然とスイッチが入ったので、違和感なく高校生を演じられたと思います」

 しかし、お馬鹿コンビの相手役を演じた21歳の伊藤健太郎とのシーンでは、年齢差を感じたことも。

「ふたりで走るシーンがあったのですが、走るスピードの初速が違いましたね(笑)。健太郎に比べると全然足は回らないですが、普段からトレーニングはやっているので、29歳としては頑張っているほうだと思います」

 コメディー作品だけに、笑いを追求する日々だが、高校時代も同じような日々を送っていたようだ。

「男子校に通っていたのですが、男子校って面白いやつがヒエラルキーの上になれるところがあって。だから毎日、面白いことばかり考えていました。あとはバスケ部の練習終わりに、みんなでグラウンドに寝そべって、夕日を見ながらくだらない話をしたり。

 当時の仲間に会うと今でも青春時代に戻れますね。だから大人になってから集まっても、カラオケに行ったり、行動パターンまで高校時代に戻っちゃいます(笑)」

 20代最後に、「また一緒に仕事をやりたかった」という福田雄一監督とタッグを組めたと喜ぶ。

「20代は結婚もしたし、濃い10年間でした。同世代の俳優がどんどんステップアップしていく中、焦りや葛藤していた時期もありました。でも結婚したことで、そんなことで悩んでいる時間がもったいないと思えるようになって。

 いいことも悪いこともあった20代でしたが、人生・演技の勉強にもなったし、今思うと無駄なことは何ひとつなかったと思います。

 福田さんとは映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(’07年公開)で初めて一緒に仕事をしたのですが、その後、僕は鬱屈した日々を過ごしていたので(笑)、もう1度、福田さんと仕事をするという目標を、主演という形で20代のうちに叶えられてよかったです」

1/2ページ

最終更新:10/12(金) 11:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12/18号

特別定価420円(税込)

あなたにおすすめの記事