ここから本文です

井上尚弥は「間違いなくビースト」 10階級上の英重量級猛者も絶賛「KOし続けている」

10/12(金) 18:30配信

THE ANSWER

軽量級離れした破壊力をライトヘビー級タイトル挑戦者も称賛

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の70秒でKOした。全世界120か国で中継された秒殺劇の余波は広がり続けている中、英国重量級の猛者も「間違いなくビースト」と脱帽している。

【画像】これが「尚弥ゾーン」の瞬間! 「合成写真っぽい」「筋肉ヤバイ!」と大反響…井上が公開した“戦慄KOの左ジャブ”の1枚

 英衛星放送「スカイスポーツ」の人気ボクシングポッドキャスト「Toe2Toe」にゲスト出演したのは、IBF世界ライトヘビー級7位のカラム・ジョンソン(英国)だった。

 WBSSバンタム級大会について「すごくタフな大会に見えますが?」と質問されると、ジョンソンは「そうだね。イノウエは間違いなくビーストだ。彼は過去2戦はいずれも2分以上相手が持たなかった、そうだよね? 彼は人々をノックアウトし続けている」と脱帽した。

 ジョンソンは10月6日に米・シカゴで行われた同級世界王者アルツール・ベデルビエフ(ロシア)とのタイトルマッチでKO負けを喫したが、それまでキャリア17戦無敗だった。10階級上の実力者からも“野獣”の認定を受けた井上はボクシング界で最も権威を持つ米誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド最新版でも6位にランクアップしたばかり。

 難敵パヤノ相手の秒殺劇で、世界のボクサーからの最敬礼を受ける存在となっている。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/12(金) 19:00
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ