ここから本文です

【パナマ戦の予想スタメン】4-4-2継続で若手を抜擢か!? 気になるのは中盤のレギュラー争い

10/12(金) 5:30配信

SOCCER DIGEST Web

GKは権田を起用か?

初陣となった9月11日のコスタリカ戦に快勝した森保ジャパンは、10月12日に新潟のビッグスワンスタジアムでパナマと対戦する。
 
 試合前日と前々日のトレーニングは冒頭15分のみの公開で、その後は報道陣をシャットアウト。綿密な戦術練習を行なったようだ。
 
 初招集となった原口元気は森保監督の練習メニューを浦和時代の恩師の名前を出しながら「ミシャ(ペトロヴィッチ/現札幌監督)の時と似ている」と話しており、具体的には攻撃のスイッチの入れ方、細かなポジションニングなどを確認したという。
 
 さて気になるパナマ戦のシステムだが、今回は先のコスタリカ戦の良い流れを継続する意味でも同様の4-4-2と予想した。森保監督の代名詞と言える3-4-2-1は試合途中、もしくは16日に埼玉スタジアム2002で予定されているウルグアイ戦でテストするのではないか。
 
 森保監督は「柔軟に戦うことが大事。チームとしての引き出しを増やしたい」と口にしており、対戦相手によってシステムを使い分ける意向を示している。もっとも、コスタリカ戦で4-4-2を採用した意図を「ワールドカップで西野(朗)監督から本当に多くのことを学ばせて頂いて、それをこの先につなげていくという意味でトライしました」とも説明しており、西野体制からの上積みを意識したなかで、今後は4バックをメインにチーム作りを進めるのかもしれない。
 
 そのなかでスタメンには数人の若手とコスタリカ戦で起用できなかった選手を抜擢する可能性がある。
 
 まずGKは東口順昭が序列の一番手であることに変わりはないが、「怪我がなければフィールドプレーヤー20人とGK3人を招集しているなかで、2試合でより多くの選手を試すことを考えています」との指揮官の言葉から察するに、パナマ戦では権田修一かシュミット・ダニエルのどちらかにゴールマウスを任せるのではないか。
 
 特に鳥栖の権田はチームこそ下位に沈むが、28節の札幌戦では相手FWジェイのPKをストップするなどまずまずのパフォーマンスを見せている。それだけに試す価値は十分にある。

【PHOTO】日本vsコスタリカ戦を彩った美女サポーターたち

1/2ページ

最終更新:10/12(金) 7:11
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)