ここから本文です

「世代融合を進めるゴール!!」「香川から南野の時代来る⁉︎」南野拓実の2戦連発にファン熱狂!! 中島、堂安への期待感も!

10/12(金) 20:43配信

SOCCER DIGEST Web

前半終盤に南野のゴールで待望の先制点!

 森保ジャパン2戦目となるパナマ戦。初陣のコスタリカ戦に続き新戦力が輝きを放った。
 
 日本は、この試合が代表デビューの冨安健洋、代表初スタメンとなる三竿健斗など、フレッシュなメンバーに加えて、大迫勇也、青山敏弘などが加わり、若手とベテランが混ざり合う面々となった。一方のパナマは、スタメン11人中10人がワールドカップ選出メンバーに。

【日本代表PHOTO】南野拓実の2戦連続ゴールで先制!1-0で後半へ折り返す

 出だしは静かな試合展開が続いたが、20分を過ぎた頃から日本代表はパナマ陣内に攻め込み始める。大迫勇也と南野拓実、佐々木翔や伊東純也らが連係でパナマ守備陣を崩しにかかるシーンも見られた。

 パナマのカウンターにひやっとするシーンも見られたが、41分、青山敏弘のスルーパスから、ここまでいくつか惜しいチャンスを外していた南野拓実がゴールを決めて日本がついに先制した。

 ツイッター上では南野のゴールに喜ぶ声に加え、パナマの整った組織力を警戒する声や控えにいる中島翔哉、堂安律らへ期待の声も上がっている。ツイッター上ではファンやサポーターから様々な声が寄せられている。いくつか紹介していこう。

「明日のスポーツ誌1面に“半端ない”たのむわ」
「権田代表戦出場、3年7ヶ月ぶり」
「冨安A代表デビューかあ。アビスパの下部組織から育った選手がA代表の試合に出てるのが本当に嬉しいし感慨深いなあ。ガンバレ冨安!!!」
「前半3分の佐々木からの伊東へのホットラインで胸熱になった甲府サポは多いよね」
「やっぱパナマはW杯のメンバーが多いからガチだしプレッシャーも早いね、日本の連携不足も相まって締まった試合になってる」
「パナマのDF連携が親善試合にしてはレベルが高い」
「ちょっと原口の動き良くないなー。中に入りすぎるしDFは遅いし…」
「先月のコスタリカとは違いコンディションが良さそうなパナマ相手だと、それほどチャンス作れないね」
「日本代表の1つのミスからパナマ代表はカウンターをしてくるしあっという間にペナルティーエリアまで持ってくる。数あるチャンスを狙ってるのがわかる」
「中島いれようよ!」
「うおおおおお!!南野それは決めるんかい!」
「世代融合を進めるゴール!!」
「さすみな(※さすが南野の略)」
「この世代の主役は中島か南野か、嬉しい悩みですな」
「青山のパス最高やんけ!「キャプテン」青山のスルーパス!」
「香川から南野の時代へ⁉︎」

 1-0で先制した日本代表。このまま勝ち切れるだろうか。






 

最終更新:10/13(土) 0:36
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事